3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

久しぶりのブログ更新。

普段は、こちらの金運フクちゃんブログ更新していますので、ブックマークをよろしくどうぞ!

さて、今月末に、再再婚いたします。ビッグダディや美奈子もビックリ。今度こそは、離婚しません・笑。(といっても1回目は死別なので、別にバツ2という訳ではないですが)

前回の再婚相手もこのブログがきっかけでしたし、再々婚もブログがきっかけです。ブログで人格を隠すことなく全部晒すと、幸せが巡ってくるみたいですね。

ボク、20年位以上も花粉症なのですが、なぜか今年はぜんぜんそれが出ません。ありえないような状態になっています。

宣言。もう二度と離婚はしません。今回の結婚が上手くいかなかったら、・・・・3回目を目指します。

(子供はどう考えているのか!! と思う人が沢山いるかもしれません。そんな人は、ぜひdisってくださるよう、お願いいたします)
スポンサーサイト
●楽天市場特集

新川てるえさんって、その筋では有名ですけど、ホント、その通りなんですよ。
http://www.tokiomonsta.tv/news/article/767-hitomebo-single-dad.html

再婚する際に、「子供最重視」とか言い出すと、話が非常にややこしくなります。子供は重視するにきまってるんですけど、もっと大事なのは子供の前に、お互いに、

あなたの事が好きだ

という感情です。これがしっかり固まっていたら、相手の子供とも普通に接しられます。だいたい男子にとって、

ほかの男の遺伝子を受け継ぐものを育てる

事ほど、生理的に受け入れられない事は無いんです。それって、男の生理現象がもたらす結果とは、正反対の事象ですから。

シングルファザーがシングルマザーと結婚する時に、(その逆でもいいんですけど)、まずは子供を受け入れてほしいという気持ちが強かったとしたら、おそらく僕は、その再婚は失敗する可能性が高いと思います。
●楽天市場特集

さてと、僕の「交際ステイタス」を、3カ月以内に「交際中」に変更します、と宣言しておきます。(フェイスブックの話ね)

年末、風邪で寝込んだのを幸いに、人生設計の再起動のスイッチを入れました。過去5年間で、僕は仕事面では自分に100点を与えてよいほど、上手に行動できましたし、家庭面でも、子供関連では合格点を与えて良いと思いました。

唯一心残りなのが、女性関係です。1人目、そして2人目の妻との関係で、僕は相当に疲弊した5年間だったなと思い、強く反省しています。

人生に潤いを与える最も大きな構成要素の一つが、パートナーだと思います。パートナーのいない人生は、片肺飛行のようなものだと、僕は考えています。

そのパートナーについて、寝込みながら徹底的に、それこそ「死ぬほど」考えて、ついに、けれどもありきたりではありますが、どのようなパートナーが僕にふさわしいのか、もう絶対に譲れない線を心に記録しました。それは

●心身ともに健康である事
●経済的にも精神的にも自立している事

の2つが絶対条件であるとの考えに至りました。僕はパートナーの具合が悪いと、子供も仕事も放置して、パートナーに尽くしてしまう傾向があります。

もうそれは、過去5年間十分にやりつくしたので、これからは健康で、逆に普段は僕に尽くしてくれるような世話焼きさんと、人生を歩みます。

そして、経済的に自立している事。つまり、僕がいなくても一人で生きていけるような女性でないといけません。

自立できない人は、何かに依存してしまいます。依存する対象が僕だったり、家庭生活そのものだったり、子供だったり、アルコールだったり買い物だったり、とにかく何かに依存することになります。

出来れば自分のお店を持っていて、自分の人生を自分で切り盛りしているような人が理想的です。(女でありながら一国一城の主みたいな)

経済的に自立している人は、判断能力も高いですし、精神的にもしっかりしている傾向が強いと感じています。

ただ、当然のことながら、話をしていてストレスを全く感じない人、僕も相手も、お互いがいてくれることで元気が出たりほっこりしたりする人でないといけませんね。

年齢は、18歳から43歳までですね。僕より年下がいい。(これは昔から変わってない。つーか、条件に見合う18歳の人なんて、世の中に存在するのだろうか・笑)

ちなみに、こんな事を書く人はあまりいないかもしれませんが、セックスの相性が適度に合う事も重要です。

どんなに精神的に合っていても、セックスしたら全く対象外だった、って事もあると思うんです。(最中に、ただ身を委ねるだけの人は僕的にはあり得ない)

なので、セックスは付き合う前か付き合った後かというのは案外大事ではなくて、出来るタイミングでしてみる事が重要です。

以上の各種の条件にあった人でないと、もう絶対に付き合う事は無いと思います。

今年は不動産投資を行うと同時に、とにかく積極外交をして、交際ステイタスの変更を行います。

素晴らしいパートナーに出会えた時の人生の喜びって、本当にスゴイものですからね。ひとり親で一生を終える、なーんてのだけは絶対に避けたいです。

良きパートナーと、一つ一つ想い出を重ねてゆく人生。うーん、素晴らしい。考えただけで、勇気が湧くし、仕事に張り合いが出てくるような気がするぜ。

でもって、子供に思いっきり自慢してやるんだ。「どうだ!俺の彼女って、いい女だろ!!!」ってね(^o^)
●楽天市場特集
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。