3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

昨日のブログ記事、勝間和代女史の言葉、「家族はとにかく一緒に時間を過ごす事が大事」と言うのは、大いに納得しているのでありますが、実は僕、この数年間、家族と「マトモに」ご飯を食べていないのです。

え!ホント、それ? 相当時間の有る職業なのに???

と、お思いでしょうが、本当に、子供たちとの食事時間の共有はかなりルーズでした。

と言うより、僕がストイックに仕事をして気分が高揚している時と、家族の食事時間が重なってしまうのです

いくらなんでもこのままではマズイ、と考えた僕は、去年の12月から、せめて夕飯だけでも子供と完璧に食事時間を合わせよう! ・・・そう決意しました。

今でも、朝食は子供らに食事の用意をして、勝手にしっかり食べて、時間に遅れることなく学校に行ってよね、と言う感じです。

子供の朝食中は、僕の頭脳が冴えわたっている朝の時間帯で、ひと仕事もふた仕事も出来るのです。この時間だけは、子供なんか構ってられません。

同じように、今までは夕食後も、そんな感じでした。

ごはん食べながら子供とあーでもないこーでもないとしゃべっている間に、仕事のひらめきや、やらねばならない事が気になりだして、さっさと僕だけ食事を終えて、子供らが半分しか食べ終わって無くても、「全部残さずに食べるんだぞ~」と言い残して、一人、仕事に没頭していました。

それでも子供との絆が切れないのは、それ以外の時間帯では、子供と共有する時間が無意味なほど、豊富に有るからだと思います。

顔を合わせなくても、家の中にいる限りは、子供の声の全てが聞こえてきます。なんかヤバイ、と感じたら、大声で、「おーい!それ、危ないからやめろ!」とか、話しかける事が出来ます。

つまり、子供は常に無意識のうちに親の存在を感知できる、と言う事です。

なので、敢えて食事の時間にずっと顔を合わせてなくても、我が家族は崩壊しない(少なくとも今までは)、と言う訳です。

けれども、やっぱりせめて、夕食の時間くらいは子供に完全につきあって、スピードの遅い子供に歩調を合わせて、食事を楽しもうと思いました。

もしも子供がサラリーマンになって僕みたいな習慣をやりだしたら、家庭崩壊につながりかねませんからね

子供の将来をイメージしながら、家庭生活を送る事が、とても大切だと思えます。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】


お年玉は定期預金に!

お年玉は、子供の将来のために、きっちり貯金しておきましょう。子供のころから、浪費癖をつけてはなりません。

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
それって子供さん達にとって、すっごい嬉しい事と思いますよ~。
私の実家、自営なので、大晦日だけ一家揃って食べれるんですが、普段は曾祖母と。
話題もないし、結構寂しかったですね~。
でも曾祖母のお陰で私は非行に走らなかったんじゃないかな、なんて思う事もありますよ。
2010/01/06(水) 04:11 | URL | ree #-[ 編集]
reeさん

お言葉、しかと受け止めます。子供たちときっちり夕食を取るようになって、会話が明らかに増えたような気がします。今まで、もったいなかったな。
2010/01/06(水) 17:30 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/105-c4baa38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。