3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

数年間使い続けてきた電子レンジが壊れた。シャープ製の結構高級なレンジだった。5,6年使っただろうか。このくらいで壊れてもらうのは困る。が、電源が入らなくなった。うんともスンとも言わず、必殺のひっぱたき攻撃でも稼動しなかった。

それで、新しい電子レンジを買ってきた。ヤマダ電機で15000円くらいの、やや小ぶりのレンジ。一通りの機能が付いているし、基本的には温めるくらいしか活用しないため、今はやりのスチーム付きの高いやつは買わない。

今回、新しいレンジを買った嬉しさよりも、レンジを購入する事による懐の痛みよりも、あの使い倒したレンジと分かれる寂しさの方が、強かった

なぜなら、あの電子レンジは妻の思い出が沢山あるから

妻が生きていた時の我が家の食卓は、いつも明るく、楽しく、何より安らぎの場だった。妻は料理が得意で、様々なレシピが食卓を飾った。

そしてそれを陰で支えたのが、あの電子レンジだったのだ。今でも妻が、あのレンジを開けたり閉めたりしていた姿を思い出す。レンジから熱々の食材を取り出している姿を思い出す。

家電製品は壊れたら、処分するしかない。形見の品、って色々あるけど、家電製品が形見の品だという話しは聞いた事がない。

電子レンジは、思い出と共に、リサイクルにまわされた。そのレンジを、ヤマダ電機の担当者に引き渡す時は、妻の遺体を火葬場の炉の中に入れる時の様に、後ろ髪を引かれる思いを感じた。

古いレンジは思い出と共に去り、新しいレンジが、新しい食卓を見つめ始めた。

こうしてまた、妻の思い出が少しずつ、無くなっていく。



↓↓ もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

↓ 管理人の運営サイトです。もしよかったら使ってくださいね。

http://go-kekkon.net/(結婚しよう!.net~結婚できないなんて言わせない~)
http://getjuku.com/ (シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ)
http://readmail.getjuku.com/(リードメール徹底ガイド)
http://jitonakayoku.web.fc2.com/(痔の症状・治療法完全ガイド)


●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
主婦は一日の大半を、台所で過ごしますからね、家電が形見の品になるって、私は逆にうなずけます。
それだけ奥様は、しっかり主婦業をこなされてたんですよ。素敵な奥様ですね^^
私は最大の形見、主人の車を手放しました。まだ周囲の友達にも話していません..まだ誰にも言えません。
持っているだけで、維持費が発生しますし、それを払うのが困難でしたから..
でもこの車は、双子が産まれた年に買い、双子の誕生日をナンバーにしたもの..手放すのが辛くて、辛くて..
でも実家にはもうすでに車がありまして、おけませんでしたし..断腸の思いとはこの事か..と思いましたね。
この車が、次のオーナーさんの所へ行き、大切に、そして新たな家族の楽しい思い出をつむぐ役目をしてくれるなら、私の元に無駄に置いておくより、そちらのが救われるかも知れません。
思い出は常に胸にあります。それでもその切なさは..割り切れないですね。。
2007/04/11(水) 18:31 | URL | keitan mama #-[ 編集]
私の父は、12年前、仕事帰りに具合が悪くなり、そのまま車を路肩に
止めた中で亡くなっていました。
私は東京で離れて暮らしていた為、父とは毎週電話で話す以外なく、
超ファザコンだった私に父の死は、とても辛いものがありました。
父が亡くなって、弟夫婦が住めるように家を改築し、父の思い出の品
など写真くらいしか残ってません。
形見分けで父が愛用してた時計だけ、私の手元に残ってます。
父はいつも穏やかで、知らない事を沢山教えてくれ、プロレスで
遊んだり、釣りに連れて行ってもらったり、思い出がいーっぱい
私の中には詰まってます。
塾長さんのお気持ち、手に取るように分かります。実家に帰って
父の遺品が殆どなくなってた時のショック、今も忘れられません。
2007/04/11(水) 22:19 | URL | ree #nJDHedgo[ 編集]
keitan mamaさん

そうかー、keitan mama さんはクルマだったんだね。手放すのは、相当辛い事だったでしょう。そのお気持ち、非常によく分かります。

我が家では、子供が大きくなった時に(思春期くらいに)、母の面影を探すと思うんですよ。その時のために、まだかなり形見の品が残っています。大分処分したけど、まだ沢山ある。娘が涙しながら、一つ一つ手に取る時が、必ず来ると思ってます。

それまで、少しは残しておかなきゃ。台所用品からお皿から包丁からまな板から、ほとんど妻が使っていたのを、今私が使っています。

reeさん

そうですか。知らないうちに遺品の多くが処分されていた時の驚きとショックは相当なものだったでしょう。僕がその立場だったら、しばらく立ち直れなくなりますね。形見って、本当に不思議ですね。どうしても捨てられない。全くいらないものでも捨てられない。
不思議だなあ。思い出はみな、心の中にあるはずなのにね。
2007/04/11(水) 22:57 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/206-d77e0dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。