3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

ここ数日、猛烈な暑さが続いています。私の住む茨城県も、かつてないほどの、半端じゃない暑さ。ついに昨日一昨日と、昼夜問わず冷房を稼動させました。

さて今週はそういう暑い日が続いたのでありますが、涼を取りに、福島県の夏井川渓谷の支流、背戸峨廊(せとがろう・・・福島県いわき市)に、渓谷遊びに行ってきました

実はここ、地元の人しか知らないような、超マイナー観光地。以前妻とこのあたりの鍾乳洞をデートした時にひょんなことから見つけ、「子供がいたら絶対に気に入るはず!」と話をした思い出のある場所。

いつかきっと行こうと思ううち、妻が旅立ち、そうこうしている内に茨城での暮らしが始まって、クルマで日帰りできるようになった事だし、思い立ったら吉日、とばかりに、行って来ました。


常磐道から磐越道に入り、阿武隈の山を細い道で分け入り、約3時間半で目的地に到着。お盆だと言うのに、予想通り渓谷は空いており、地元の人がぱらぱらといるだけ。


070814_1350~01.jpg
(注:背戸峨廊の入り口は車でもすぐに分かるようになっている)

背戸峨廊は春夏秋冬を問わず、渓谷美を楽しめるハイキングコースとしての人気が強いが、実はここ、絶好の、夏の渓谷遊びスポットなのです。




070814_1008~01.jpg
(背戸峨廊全体図)

渓谷と言うと、一般に標高が高い所にあるものなので、水が冷たすぎる。手足をつけている分には良いけど、とても泳いでいられない。

しかしここ背戸峨廊は阿武隈高地の末端に位置するので、標高も200m前後、夏は平地と同じように非常に蒸し暑い。このため、水温が下がり過ぎないので、川で泳ぐことができるのである。

また、水勢が緩やかで水かさも非常に低く、そんな渓谷が時に滞留して、絶好の自然のプールとなっている。


070814_1018~01.jpg


子供たちは渓谷に着いてすぐに裸になり、バシャバシャと水の中へ。「冷たくて気持ちいい!」と言いながら、思い思いの泳ぎや遊びを楽しむ。


070814_1022~03.jpg
070814_1028~01.jpg


娘は川の流れが怖いようで、川の真ん中まで行くことはほとんど無く、岸辺で遊ぶ事が多い。男の子がこれをやるとイライラするけど、女の子だから、こういうのもまた、可愛い。

水はとても透明で、キレイだ。そんな水面を時に葉っぱが音もなく流れ下る様子や、見たこともないような瑠璃色をしたトンボが、川の水を飲みにくる姿を見ていると、生活を忘れて、ホッとする


それにしても、水と緑に囲まれた渓谷と言うのは、夏である事が信じられないくらいに涼しい。全く汗をかかない。海のように、太陽がじりじりと肌を焼く事も、ない。

涼しいを通り越して、水に遊ぶ子供たちは「寒い!」と言い始める。見ると、唇が紫色。真夏にこの寒さは何だ?と言う感じだ。

寒くなったら木漏れ日の挿す場所で、体を温める。するとアブが寄ってきて、体をチクリとやる。「痛てえ!」と声が上がる。こんなのもまた、良い経験である。

背戸峨廊では午前10時くらいから午後1時過ぎまで遊んだ。1時を過ぎると、じょじょに渓谷に日の光が届かなくなり始めるので、渓谷遊びは午前から午後半ばまでが適した時間帯である。

うちら家族は、高速インターチェンジ前のコンビニでサンドイッチやらおにぎりを買ってきて昼食にしたけれども、中にはバーベキューをやる家族もいて、いい匂いが渓谷を漂ったりする。

大きなスイカを川で冷やして、切り分けている家族もいる。こういうのもまた、夏ならではだ。

次男はもっと遊びたそうだったけれども、長男が寒さに耐えかね、娘も飽きてきたので、適当に切り上げる。駐車場に戻るだけで、うだるような暑さが再来する。渓谷の中の涼しさとの落差が激しい。

今回の渓谷遊び、まさしくミニトリップだったが、子供たちの受けは良かった。またいつか来ようと思った。今度来る時は、入水鍾乳洞と言って、水の流れる真っ暗な鍾乳洞を、ろうそくの明かりだけを頼りに、ガイドと一緒に探検すると言う、子供の冒険心をくすぐる素晴らしいスポットがあるので、次回はそこに連れて行ってあげようかと思う。

我が家は渓谷遊びが終わると、さっさと帰宅してしまった。


070814_1348~01.jpg


が、背戸峨廊近くには、日帰り入浴できる施設もあるようなので、お風呂好きの方は、渓谷遊びの後、人風呂浴びて帰られるのもよろしいかと思う。


070814_1602~01.jpg


わが息子たち、帰りの車中は、すっかり夢の中の旅人でした。


 


↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

本サイト:シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ
副サイト:初心者のための内職アフィリエイト完全ガイド~無料ホームページ診断いたします!~


副サイトでは、アフィリエイトのやり方について、相談を承っています。お気軽にご相談ください。


作成開始しました:ノーロード投資信託~手数料無料投信ガイド~


●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
うわあ! 
一緒に入りたいですねえ(笑)
関西のおばちゃんが水着で飛び込んだら公害に他なりませんが。
次男が写真を拝見して、感嘆の声を上げてました。
元旦那がアウトドア好きだったんですが、何と言うか…元旦那の求める究極のアウトドア(断崖絶壁を上り下りしてた子供だった)と、現代っ子の息子たちが出来ることは違ってましたから、せめてこういう風に遊んでやって欲しかったなあ、と羨ましく思います。
うーん、うちの息子や犬も放り込んでみたいなあ♪(犬は一瞬で流されるかも……)
2007/08/17(金) 23:45 | URL | かのこ #kwzMfkEo[ 編集]
すごく素敵なところですね!
虫嫌いな私は、アブ出現は嫌ですが。。
マイナスイオン効果が得られそうな場所ですねぇ~。w
2007/08/19(日) 01:29 | URL | keitan mama #-[ 編集]
素敵!!
最近、アウトドアに憧れて・・
でも免許取ったばかりだし、3人見るの大変で・・とかでなかなか行けないんですよ~。
こんなところに連れて行ってあげたいなぁ♪
2007/08/20(月) 22:19 | URL | ゆうママ #-[ 編集]
久し振りにコメントします。
渓流だと水も結構冷たかったんでしょうね。
こう言う自然の中で子供を遊ばせるのはすごく大事な事ですよね。
学ぶ事が沢山ある!!
塾長さん、ステキです!!
2007/08/21(火) 00:08 | URL | ree #nJDHedgo[ 編集]
奥さんとも思い出の場所。すごくいい所ですね~!気持ちよさそう! ここならお子さん達も大満足ですね! 穴場ってとこがまたいい! 人が多いと遠慮しちゃいますもんね。ポチ
2007/08/21(火) 11:43 | URL | ピンクドルフィン #-[ 編集]
こんにちは。お久しぶりです。

川での水遊びとても楽しそう!
うちの子どもたちは、もう一緒に川遊びしてくれません。
親より友達や恋人!?がよくなっていくみたいです。くすん。
2007/08/21(火) 23:50 | URL | 美齢(めいりん) #kdYxZ3fc[ 編集]
かのこさん

ははは。犬を放り投げるですか。面白そう。滝つぼにドボンといっちゃうかもしれませんね。安全な川なので、一家揃って楽しめます。女性が水着になってバシャバシャやる姿は、見られませんでしたけどね。さすがに海とは違います。まあやはり、子供の天国でした。

keitan mamaさん

確かに!凄いマイナスイオンですね。それと川のせせらぎの音が脳のアルファ波を沢山出させてくれそうで、非常に落ち着きます。

ゆうママさん

いつか機会が有ったら、連れていってしんぜましょう。おそらく子供たちは狂喜して喜ぶ、と言うか楽しむ事かと思います。冷たい水に触れただけで、絶叫するかもしれません。

reeさん

お久しぶりです!
この場所、日本的な風景美ですね。アメリカにはこんなこじんまりした所は、無いかもしれません。また来年、行きたいと思っています。

美齢(めいりん)さん

こんにちわ!
そうですか、恋人ですか!
娘に彼氏できたら複雑だなあ。川遊びなんかより、きっと彼氏と海に行くでしょうね。時間よ、止まって欲しい!
2007/08/24(金) 18:08 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/231-87557463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。