3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

いや~、日本の政局、かつてないくらい、流動的ですね。正直、面白いです。

安部首相の進退について、相当批判的な意見が飛び交っていますね。まあ私も、先の参院選の際は民主党に投票したので、どちらかと言うと阿部政権には批判的でしたが、今回の安部首相が退陣することについては、「お疲れ様でした」と、言ってあげたいです。

「美しい国日本」とか「戦後レジームからの脱却」とか、意味不明のスローガンを掲げていた点は、今でも疑問符が付きます。がしかし、どうしても日本がやらねばならない改革の路線の上を走っていたのは確かでしょう。

私が民主党に投票したのは、かねてから二大政党制を求めていた点が大きく、必ずしも民主党が改革を実現できる政党かどうかは、掴み切れないでいます。(先般参議院で、郵政民営化凍結法案を提出した事は、言語道断です!民主党は。)

その点、安部首相が取り組んだ、公務員制度の改革や、教育制度の改革などは評価すべきで、失点と言えば閣僚の任命責任くらいでしょう。

つまらぬ事を大きく膨らませて毎日のように報道した日本のマスコミもまた、大したレベルではないのであります。

今回の安部首相の突然の辞任は、健康問題からですね。実は私は、安部さんが首相を辞めると聞いて、「この人、自殺でもするんではないか?」と、心底、心配しました。

病名が神経性の胃腸障害となってはいますが、不眠に悩んでいたとの情報もあり、いくばくかの抑うつ状態になっていたのではないかと想像しています。

もしここで、安部さんが「ガン」とか他の身体的な病に侵されていたのなら、世間の論調はもう少々和らいでいたのではないかと想像します。それに対して、今回は多分に精神的な障害ですので、世間の人でそれをキチンと理解できる人は、非常に少ないでしょう。

ガンであれ精神的な要因から来る疾患であれ、病気になる時はなるのであって、私としては止むを得ないかな、と思っています。

今回私が最も心配するのが、改革の後退です

こんな事を書くと大変なお叱りを受けることは覚悟の上でありますが、「格差格差」と騒ぐ国民の多くは、努力が足りない人だと思っています。

真に「格差」を叫ぶ人は、恐らく「既得権益」を確保している人たちなのではないかとも思います。その人たちが改革を妨げて、自分の利益を保持し続けるための「格差論議」に、大した努力もせずに「所得が増えない」と言っている国民が、都合のいいように乗っかっているだけなのではないかと感じます。

もちろん行政の無駄は未だに多いし、社会保険庁のような言語道断な組織もありますので、それは問題が表面化した時点で、ひたすら正常化していけば良いのではないでしょうか。

経済がここまでグローバル化すると、格差が出るのは当たり前です。既得権益を得ている人以外で所得の多い人はやはり相当に努力している人たちです。そのような人たちは、都会に出て、頑張り抜くことが多いようです。

地方にいて、格差論議を振りかざす人に、そんな努力をする覚悟があるのでしょうか? 公共事業というぬるま湯、都会の人が生き馬の目を抜くがごとく死に物狂いで働いて得たお金がばら撒かれて、比較的のんびり働く地方に還流するような社会で良いのでしょうか?

今現在、私はかなり低所得層にあります。で、地方に住んでいます。しかし、格差など全く感じません。何を持って格差とするのかは一様ではないと思えます。

金だけがすべてでしょうか? それ以外の生きがいを見出した人は、格差など叫ばないのではないでしょうか? 金が欲しければ、都会や地方の差など関係なく、稼げるような状況に身をゆだねるべきです。知識が無ければ、習得して臨めば良いだけの事.。

ただし、日本は先進国の中では低所得者層に対しての直接税の比率がかなり高いのは事実のようです。この部分は、格差問題が出て来る以前から、問題にはなっていました。

低所得者層の直接税を引き下げて、消費税を上げるべきなんでしょうね。

いずれにせよ、都市対地方の格差論議のような、馬鹿げた議論に真剣になるのはもうやめて、外国との大競争時代を、日本として、いかに生き抜くかに焦点を絞るべきでしょう。

アメリカの低所得者向けローンの問題が、全く関係無いかに見える日本にも、大きく波及する時代です。現在の「部分最適」を解決する視点ではなく、日本としての「全体最適」を継続して求めてゆく姿勢、つまり小泉さんが目指した改革の路線こそ、日本が生き残る、大切な道しるべではないかと思います。

小泉さん、そのうち新党を作って、政界を再度大きく再編していただけないでしょうかね?

(補足)

①私は経済学者でもなんでもないので、上記の記事は一市民としての皮膚感覚としての話です。

②都会や地方に関係なく、健康上の理由など、止むを得ない理由で生活に苦しむ方はいらっしゃいます。記事中の「努力が足りない」云々は、そういった方のことを指しているのではありませんので、誤解無きように願います。そういう状況には、誰もが陥る可能性があります。真の弱者救済とは、そういう方を社会としてキチンと助けてあげる事だと思います。


 


↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

本サイト:シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ
副サイト:初心者のための内職アフィリエイト完全ガイド~無料ホームページ診断いたします!~ ⇒クリック広告の「ぴたっとマッチ」(グーグルアドセンスのようなもの)を掲載しました。グーグルと違って審査は非常に緩やかなので、オススメです。


2006年に趣味で作ったサイト、痔の症状・治療法完全ガイドが最近、毎日2000アクセスもあることに気がつきました。凄い事になっています。このブログのアクセスが200弱なので、その10倍以上もあるんですね。検索エンジンに評価されて、嬉しく思います。皆様も、痔に悩まれたら、どうぞ参考になさって下さいね。

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
全く同感です!!!!
といっても、私は政治について塾長さんの100分の1も分かっているかどうか・・というような奴ですが。。
安倍さんについても、しょっぱなから反感を買ってしまって、責められて・・しかも総理大臣。。
いったいどんな1年だったろうと思うと、お疲れ様でしたって感じです。精神的に病まないはずがないですもん。。

「格差」についても、本当の弱者を救うべきですよね。私なんか、きっと働いても低所得者だけど、今のために、これからのために努力をしているつもりだし。。そこまで国にどうこうしてほしいとは思いません。。

いつものごとく上手くまとまりませんが、塾長さんに一票!ということで(人´ω`*)
2007/09/15(土) 01:09 | URL | ゆうママ #-[ 編集]
ご無沙汰しています。
政治は難しいですね。何が善で何が悪か、そういった判断も一筋縄ではいかないようで。
子供達が大きくなった頃、日本がどうなっているのか、全く予想がつきません。
2007/09/16(日) 11:54 | URL | まんじゅうこわい #A0gMyK5k[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/18(火) 01:22 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/19(水) 22:16 | | #[ 編集]
ゆうママさん

笑。1票入れられると、責任がズシリと・・・・。

安部首相は、本人が一番無念でしょうね。結果として無責任である事がよく分かるでしょうから。

今年から来年にかけて、政治が久しぶりに面白くなる年かも知れません。そんなのは10年に1度(前回は細川連立政権の時でした)くらいしかないので、興味なくても、テレビを良く見なさいよ。

まんじゅうこわいさん

日本はこれから、穏やかに衰退してゆくのでしょうね。中国やインド、もしくはそれ以外の新興諸国と上手に付き合い、美味しい所をうまくすくい取るようであって欲しいと思います。

ただし、知恵があって努力した人、つまりまっとうに生きている人が報われる社会であって欲しいと思います。既得権益にすがる人は退場。郵政を完全に民営化して、我々の預金が知らぬところで適当に特殊法人に投資されて、不良債権化して、結局我々の血税でそれを補填する、今の状況を変えていかねばいけません。
2007/09/20(木) 21:54 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/235-7f291eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。