3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

長男が生まれる3日前に、阪神大震災が起きた。

出勤前の事で、その惨事の模様は全く分からずに会社に行ったのだが、帰宅してテレビを見て、凍りついた。連日大々的に報道された中で、私が最も印象に残っている話が次の通り。とある男性にインタビューした内容。

地震が起きて、飛び起きて外に逃げ出した途端、家が崩れた。妻は家の中に閉じ込められたが、話が出来る状態だった。早く助け出そうと、必死に瓦礫を掘り起こすが、とても1人の力では無理だった。頑張れと妻を励ましながら、何とか家の残骸を取り除こうとしていると、火災が近づいてきた。

自分の力では、もうどうにもならなかった。やがて火の手が家の残骸を襲い、妻を襲った。熱い!助けて、お父さん!と言う妻の叫び声を何度も聞いた。けれども、助けてあげる事ができなかった・・・・。熱かったろうになあ・・・・。


この男性は、泣いてもいなかったし、取り乱してもいなかった。ただ呆然と、何かに命が吸い取られたかのように、淡々と話していた。

阪神大震災のエピソードは、いくらでもあるだろう。私も毎日テレビに釘付けだった。が、あの男性の事が今でも強く印象に残っている。もう顔は忘れた。声も忘れた。ただ、男性が話した内容だけが、深く心に刻まれた

私のブログに、時折コメントを下さるかのこさんのブログで、「4丁目のまさ」という、阪神大震災の事を記した絵本を知った。すぐに購入し、読んだ。




あの男性の話のように、とても淡々と綴られていた。私は阪神大震災の「当事者」ではないので、これを読んでも涙する事は無い。しかし、大人も子供も、毎年一度、読むべき絵本だなと感じた

関西弁で綴られた絵本である。今日の宿題を「お預け」にして、次男にこの絵本を音読させる。標準語でないので、非常に読みにくそうだった。けれども、大人になるまで、子供たちには毎年一度、目を通してもらおうと思った。

いずれ、主人公に共感する事が出来る日が、来るだろう

ところで、帰宅した中学生の長男、小学生の次男ともども、今日は学校で、阪神大震災の話は無かったとの事。中1の同級生は「阪神大震災」自体を知らない人も結構いるらしい。

せめて今日は、阪神大震災について、子供に何か話しを投げかけるべきだったのではないだろうか。茨城県(もしくは鹿嶋市?)の教育委員会がその程度の意識しか持っていないのか、もしそうだとしても、現場の教師が震災の話を一言もしなかったというのは、とても解せない。



↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

・本サイト①:シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ

・本サイト②:値上げ インフレに負けない!~物価上昇時の家計見直しガイド~

ノーロード投資信託徹底ガイド:忙しいサラリーマン家庭では、毎月5000円から無理なく積み立てできて、複利効果で10年20年でびっくりするくらい資産が増えてゆく「投資信託」がオススメです。管理人も実践中! 特にコストの安い「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」がオススメです。2007年の日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 金融サービス賞を受賞!


⇒株が急落しているので、逆に買い進めています

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
震災の経験私もないのですが
被災者の話を聞くと
胸が痛みます。
忘れては、いけないですね。
私も本読みたくなりました。
早速チェックしましょう~

↓記事、トップリンクにしました~
2008/01/17(木) 22:27 | URL | いちご #-[ 編集]
自分の名前が出ていたのでびっくりしました∑(゚Д゚ノ)ノ
読んで頂いたんですねー ありがとうございます。
激昂するでもなく、静かに、失った家族のことを語るこの絵本を買ったのは、自分のためでもあり、子供に読ませるためでもありましたが、震災復興のエネルギーを描く絵本が白々しく感じた中、あまりにリアルで、当時の寒さも怖さも、一気に甦る気がしました。
神戸住民の三分の一は震災を知らないとのこと。学校では震災教育が続いていますが、それを教える先生自体が他所からの転入者である可能性も高く、実感があるのかどうかは首を捻るところです。
それでも「地震国ニッポン」に住む限り、いつ何処で起きるか分からない災害、「活かせなかった教訓」が何度も続いては欲しくはないので、子供たちには是非、学校現場でも、何らかの形で伝えてほしい気はしますね(*^_^*)

2008/01/17(木) 22:37 | URL | かのこ #kwzMfkEo[ 編集]
お久しぶりです。
命の大切さ。そして震災の前では
無力な私たち。悲しい事だけれども
未来の為にも忘れてはならない事ですね。 
私も、子供たちにはちゃんと伝えていきたいと思います。
おうえんぽち
2008/01/18(金) 16:29 | URL | ピンクドルフィン #-[ 編集]
いちごさん

本当に、忘れてはならない事ですね。過去に起きたことは将来もおきる可能性があります。6000人もの犠牲者は、それを私たちや未来の子供たちに、身をもって教えてくれています。日本にいるリスクを考えさせられます。
リンクありがとうございます。私も一両日中に、完了させますね。

かのこさん

震災復興と言えば、震災翌日にもう「復興需要はこれこれの位で、こういった経済効果をもたらす」と、どこかの民放で放映されていたのを思い出します。そんな事、今話す問題ではないだろう!と思ったです。
それはそうと、日ごろの地震対策、やってないなあ。最低限、持って逃げ出せるようにしとかないといけないんだけど、ついつい後回しにしてしまう。反省。

ピンクドルフィンさん

日本という国は東京中心で回ってますので、ああいう被害も東京で発生していれば、だいぶ教育の仕方も変わるのでしょう。霞ヶ関の人たちが身をもって恐怖を味あわないと、ダメなのかもしれません。
2008/01/19(土) 12:06 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/284-fbd73d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。