3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

ここ1,2週間、ガソリン代の上昇が止まっていますね。それは良いとして、道路財源の暫定税率は、10年延長されようとしています。甘い汁を吸っている連中のために、私としては1銭も払いたくない。次回の選挙の時に、覚悟してろよ!と思いつつ、我々庶民としては、今できることを一つずつ積み重ねていくしかありません・・・・。

先月に「
値上げに負けない生活!」と言うサイトを立ち上げて、これからの節約は「固定費」部分にメスを入れることで、かなりの生活コストを削減できる!と言う点を提案させていただきました。これら全て実行すると、ちょっとストイック過ぎの感がありますが(と言いつつ、管理人はほとんどすべて実行に移しましたが)、数百万円単位で、コスト削減が出来るから驚きです

もうあとは浮いたお金をコツコツと運用する事しかやる事は無いのですが、どうにもガソリン代だけはガマンならないので、乾いた雑巾を絞るかのような運転方法を取り入れることにしました。

(⇒参考:
毎日の節約精神で減らす自動車関連コスト

もともと「ゆっくり発進、早めに減速」、と言う運転方法は取り入れておりましたが、さらに一歩進んで、長い信号待ちの時は「アイドリングストップ」をする事にしました。

皆さんの地区にもありますよね? ちょっと待ち時間の長い信号が。そういう所で停止した時は、迷う事無く、アイドリングストップします。アイドリング状態は、燃費の15%を占める、けっこう重要な節約ポイントです。ま、停止ごとにいちいち全部アイドリングストップするわけではないので、長い信号待ちで止めるくらいならほんの数%にしか過ぎないかもしれません。

が、家の中で「いちいちコンセントを抜く」といった節約よりよりはるかにラクに実行できるし、余分な排気ガスを出さないので、環境にも優しい。目に見えてガソリン代が節約できた!と言うわけにはいきませんけど、長い目で見たら、それなりの効果があるのだと思います。

しっかし、茨城の片田舎で、アイドリングストップ運転しているヤツなんて、そういないだろうなあ。都会に行けば行くほどアイドリング状態が長くなるでしょうから、都市部に住んでいる方は特に、効果があると思います

慣れればエンジンを始動させるのがめんどくさいと思わなくなります。皆さんも、一度お試しあれ。




 

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

・本サイト①:シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ

・本サイト②:値上げ インフレに負けない!~物価上昇時の家計見直しガイド~

ノーロード投資信託徹底ガイド:忙しいサラリーマン家庭では、毎月5000円から無理なく積み立てできて、複利効果で10年20年でびっくりするくらい資産が増えてゆく「投資信託」がオススメです。管理人も実践中! 特にコストの安い「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」がオススメです。 

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
先日の本ですが、以前に私は似たような本を読んだ事があり、
全部分かってはいるんだけどな~って思った事がありました。
みんな頭では分かってるんですよね~。しかし生活に追われているうちに
自分の感情がそのまま言葉になってでてきてしまう・・・。
私もまた改めるきっかけになりました。ありがとうございま~す! ぽち
2008/02/05(火) 11:50 | URL | ピンクドルフィン #-[ 編集]
今日、早速アイドリングストップしました~。
急に音楽が止まるので、あらとまい、「どうしたの~?」
「エンジン止めると、排気ガスださないんだよ。空気少しでもきれいにしようね」
と、自慢気に言いました(笑)
2008/02/05(火) 17:27 | URL | いちご #-[ 編集]
私にとって運転=エコドライブ、なのですがアイドリングストップは新鮮です、明日から試してみます。…心がけている事はガソリンはいつも1000円分しか入れずlightを実践。ブレーキをかける時は時速40キロ未満が理想で、かなり手前からアクセルから足を離します。ただバックミラーで後ろの車を確認しながらですが。…でも何といっても乗らないのが一番!
2008/02/05(火) 19:04 | URL | blue #-[ 編集]
ピンクドルフィンさん

分かる分かる!! まあ、3人も子供がいて、しかも男と女両方持っていたら、もうたいがいの子育ては出来ますね。あと数人いても全然ヘ~キ、みたいな。(子供らが中高生になったらまた、試練の連続かもしれませんけど・笑)
唯一平気じゃないのが、そんなに子供いたら、金がもたない!と言う事かな? あ、家もぶっ壊される可能性があります。

いちごさん

さっそくやられるとは、恐れ入りました・・・・。ホント、下手な事書けないな、ブログで。
そう言えばエンジン切ると音楽が途切れる、と言うのは気づきませんでした。全然クルマで音楽聴かないもので。音楽が大好きな方には、ちょっとストレスがかかる節約かもしれませんね。

blueさん

全く同じような運転の仕方をされる方がいらっしゃるとは、嬉しいです。ガソリンはいつも20リッター入るところ、10リッターでやってましたが、これは給油に行くのがめんどっちくて、断念しました。「バックミラーで後ろの車を確認しながらアクセルを離す」と言うの、おなんじです。ぴったり後ろにくっつかれた状態でやると、運転者が嫌そうな顔してたりするのを見ることになります。
2008/02/05(火) 21:55 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
車の重量を軽くする、アクセルを余計に踏まない等は良い運転だと思いますが、「アイドリングストップ」に関しては、私は現行の車で実施することは余り良いこととは思いません。車をそのような使用方法で使う事を前提に作られてはいないからです。
エンジンの頻繁な停止、始動は決して車に優しいとは言えません。専門的な話は省きますが、始動時のセルの起動と静止状態からのピストンの動作。車の機構から言えば、動いたままでいるときよりもダメージが大きいのは明らかです。
特に古い車に乗られている方、エンジンオイルの交換をきっちりとされていない方にはお勧めできません。
そこら辺を考えたうえでの実施なら推奨しますけど。
2008/02/08(金) 10:12 | URL | 通行人B #bWohHV5s[ 編集]
通行人Bさん

重要なご指摘、ありがとうございます! 本文中で詳細に書けば書くほど難解なブログになるので、なかなか難しいのですが、本記事記載にあたり、参考にしたのが以下のサイトです。

①ウィキペディア「アイドリングストップ」の記事
②アイドリングストップの効果
http://www002.upp.so-net.ne.jp/norris/idling.html
③教えて!GOO「アイドリングストップは本当に意味がありますか?」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1500376.html
など。

そのほか、EU先進国では通常の車でもアイドリングストップを奨励している(義務化?)との事ですので、総合的に考えて、メリットがあるのではないか?と考えました。

そもそもあらゆる製品は電源等のオンオフを繰り返す事は、良い事ではありません。しかしながら、日本で発売されている大企業のブランドの製品群は、これらオンオフを何万回にも渡って繰り返し、その結果市場に流通させても大丈夫であるとの判断の元、販売されています。

このあたりを鑑みますと、一日数回程度のアイドリングストップは、全く問題無いものと考えております。

ちなみに管理人は、1分近く待つことになる信号待ちで、アイドリングストップを行っています。

数秒から十数秒といった、かなり短い時間でのアイドリングストップは、車への負荷が必要以上にかかるでしょうし、逆に渋滞の原因となるようですので、良くなさそうです。

なお、この夏に車検を控えておりますので、その際に車のメンテやる方にも、聞いてみたいと思います。
2008/02/08(金) 16:44 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
 えぇっと、誤解を招く書き方だったようですね。詳しく調べておられるようで、私が出る幕ではなかったようです。気分を害されたのならご容赦ください。ただ、せっかくですので反対する理由についてちょっとだけスペースをいただきたいと思います。
 ご紹介いただいたサイトは①と②は知っております。
 その上で、「頻繁な停止、始動」は「古い車やオイル交換がされてない車」には薦められないと書いたつもりでした。②のデータはちょっと出来過ぎのような気がしますし。
 ご指摘のように、一日数回程度で、1分以上待つというような条件であれば車への負荷は少ないと思います。が、環境には優しくなっても、燃費向上には貢献はできないかもしれません。この辺りの主張は塾長さんと同じですね。
 エンジン始動時には燃調が濃く設定されているので、停止時間があまり短いとかえって悪影響が出るかもしれませんし。

 しかし、私がアイドリングストップに良い印象を持たない理由は、公道でエンジンを切ってしまうという辺りにあります。塾長さんも「渋滞の原因に」と指摘されていますが、タダでさえエンジンの始動にはバッテリーに負荷がかかるのに、頻繁にセルを回すと電力の消耗によって車が始動しなくなってしまうケースが考えられるからです。もちろん、レアケースですが、起これば事故に繋がりかねません。
 このような理由により、古い車やメンテナンスが不十分な車にはあまりオススメ出来ないと言った次第です。あ、あと、ターボ車もアイドリングストップはオススメできません。無論、程度問題なのですが、こういった車で燃費が改善するほど頻繁に停止、始動を繰り返すのは宜しくないと思います。

 なお、現在、ホンダのシビックには気筒休止技術が採用されています。巡航運転時やアイドリング時には6気筒あるうちの3気筒を休ませるといったような技術です。燃費の劇的な向上を図っています。
 ハイブリットも、始動時にはモーターで一定速度以上はエンジンでと、それぞれの動力の得意分野を使って欠点を補っています。当然アイドリングはほぼなくなるわけですから、燃費にも環境にも良いですね。
 こんな感じで、アイドリングストップという概念を取り入れた車たちならば、アイドリングを行わないことは非常に有効だとおもいます。(今回の記事の論旨とは外れてしまいましたがm(_ _)m)
2008/02/09(土) 00:39 | URL | 通行人B #bWohHV5s[ 編集]
通行人Bさん

かなり詳しい情報、ありがとうございます。

ご指摘の通り、「頻繁な停止、始動」は「古い車やオイル交換がされてない車」はトラブルの元となりますよね。

「エンジン始動時には燃調が濃く設定されているので、停止時間があまり短いとかえって悪影響が出るかもしれませんし」と言う部分、実は非常に気になっていました。数秒だけアイドリング停止しても、再始動時の排気ガスの量は停止時をかなり上回るくらい排出されていると聞いたことがあります。という事は、良かれと思ってやった事が、却って環境に悪い事になりかねず、ちょっと問題です。このあたりも、調べておかねばならないと思った次第です。

いずれにせよ、アイドリングストップをしていれば問題ないと単純に理解するのではなく、通行人Bさんのように、きちんとした理解が必要だと言うのがブログの読み手に伝わったと思いますので、たいへん有意義な書き込みだと感じました。
2008/02/09(土) 14:55 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/299-d075aa53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
こんにちは、スーリヤ店主です 以前の記事でも紹介したましたように、現在アイドリング・ストップをしてガソリンの節約に努めています 信...
2008/07/14(月) 16:35:01 | スーリヤ・ブログ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。