3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

ウチの次男は小学3年生だ。小学3年生といえば天真爛漫に、そして活発に走り回るのが一般的だと思う。ところが、本来子育てが苦手なシングルファザーの家に育ってしまうという運命の巡りあわせで、ウチの次男は遊ぶ事の他に、この年齢にしては、あまりにやらねばならない事、つまり手伝いなどが多い。

彼がやっているお手伝いは

 ①家族全員の洗濯物たたみ
 ②同じく洗濯物を干す
 ③お風呂掃除
 ④食事前のお皿を出す
 ⑤週末は靴洗い(自分及び妹の分、時に兄の分も)
 ⑥幼稚園生の娘の世話・面倒全般

靴洗いは別として、小学3年生でこれらをほぼ毎日やる子供は、今の日本においてはほとんどいないんじゃないかと思う

先日、ちょうど次男を、そろばん塾に通わせようとしていた時に、学校の担任の先生から、「忘れ物が多すぎる」という指摘があった。

この指摘は個別面談の際も言われた。我が家の状況を知らせつつも、極力忘れ物をしないように家庭でもチェックします、との返答をしたものの、「実際は難しいだろうな」、というのが私の感想だった。

上記のお手伝いをサボる事は、私は決して許さない。この時ばかりは、極めて強い調子で叱り、ゲンコツもする。これらの手伝いをしながら、宿題をこなし、私が買って来たドリルをやらせてたりしたら、そりゃー、忘れ物の5つや6つはするだろうなあと思う。(言い訳がましいが、私は長男の勉強の指示を出したり、まとわり付く娘を適当にかわしたりを、仕事をしながらやる事になるので、次男の全てをチェックできない)

こんな中、次男がそろばんを習いに行きたいという、強い希望を出してきた。学校の宿題などを忘れるくらいなのに、そろばん塾とは少し話の順序がおかしくないか?という疑問も涌いてきて、通わせるかどうか、大いに悩んだ。

しかし、悩みに悩み、考えた末、次男の希望を叶える事にした。

良く考えると、お手伝いは私に言われて、仕方なしにやっている側面が大きい。宿題も、学校から指示が出たからやる行動だ。

ところが、「そろばんをやりたい」と言うのは、純粋に自発的な行動である。こういう事は、親として最大限、大事にしてあげたい

世の中に出ると分かるが、会社などでは常に、「お前、何したいの?」と言うのを上司に問われ続けるし、「自分はこれをやる!」と言う信念が無ければ、会社が期待した目標を上回る成果を出すことなど、出来はしない。ましてや「会社の傘」のない自営業の道を歩んだ場合、それ以上の「思い」がないと、絶対に上手くいかないと思う。

やりたい事が分からない、と言う若者が多くなって久しい。私は親として、自分の子に、そういう若者に成長して欲しくないと思っている。

子育てを10年単位の長期スパンで見た場合、今次男に必要なのは何か? こういう視点からすると、今回の次男の「そろばん塾に行きたい」と言う希望と、「学校での忘れ物を極力ゼロにする」のどちらかを優先させるとしたら、明らかに前者だろう、と言う結論に達した。

もちろん、1年単位でクラス運営に携わる先生からすると、ちょっと視点がずれる事となる。なので、今日は先生に向けて、A4用紙1枚分、私の思いを手紙に書いて、連絡帳に貼り付けた。

我が家の次男のケースでは、家庭と先生とのベクトルが完全に一致する事はできないと思う。がしかし、ベクトルを近い位置に持っていく様にするのは可能な筈だ。それぞれが立場の違いを乗り越えて、きちんと話し合って、上手い方向に持っていくしかない。

次男も今、とてもしんどいと思う。そろばん塾に通う事で、本人がどう変わるのか(または変わらないと言うことも有り得るが)、慎重に観察していきたいと思う。

今日はそろばん塾の1回目の授業だった。まだたった一日目では有るけど、とりあえずは楽しくて仕方なかったみたい。帰宅後は自発的にそろばんの宿題を全て終わらせていた。

Image151.jpg


が、しかし、チェックすると学校の宿題は半分しかやってなかった・・・・。やれば出来るんだけどやらない・・・・。

どうしたもんだか・・・・。やはり長い目で見て、本人が自覚するのをひたすら待つしかないのだろう。子育て面でも、長期投資家になったつもりで次男と接しなくてはならないと、今日は改めて私自身が自覚したのであった。

 

 

 ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

・本サイト①:シングルファザーだから分かる男の家事・育児・収入・幸せ

・本サイト②:値上げ インフレに負けない!~物価上昇時の家計見直しガイド~

副サイト:ノーロード投資信託徹底ガイド⇒ご興味のある人はどうぞ。今は絶好の買い時となりました!

(管理人も積み立てているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの投資対象国に、アジア・太平洋地区の先進国である、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポールが加わり、より優れたファンドにグレードアップしています。)

管理人からのオススメ:3月末まで!!

 
『知っている人と、行動を起こした人が全員必ずもらえる現金5000円

野村證券のネット専業部門である「ジョインベスト証券」に口座を開設し、5万円を入金すると、全員に現金5000円がもらえます。 
利率にするとなんと10%! こういう真にオイシイ話はめったにありません。是非、無リスクで5000円をタダでもらっちゃいましょう!

(⇒詳しくはジョインベスト証券投資信託の徹底解説のページよりご確認ください)

クレジットカード作成で、商品券3000円、などと言うサービスは今までもありました。が、カード発行は審査が必要ですし、商品券をもらうには10万円以上カードを利用、つまりお金を使わねばならないリスクがありました。

が、今回はそのようなリスクは全くありません。野村證券の豊富な資金力を、利用できるチャンスです。

※夫婦とその両親がみんなで口座開設したら、合計3万円も、タダでもらえます!

 
●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
塾長さん、こんにちは!
3児の母 モス姉ですv-7

次男くん、立派ですね!
お手伝いの数、すごいですよ。
これを毎日 ちゃんとやり遂げるとは 感心です。

ここまで鍛え上げるとは 塾長さんも ご立派です。


ところで、そろばんに通うのは
いい事だと思いますよ~。
私自身が 子供のころに習っていたものの中で 今でも一番役立ってるのが 【そろばん】です。

買い物に行っても 割引率などは
暗算でちょちょいのチョイ。
割引シールに安さを惑わされること
もありません(笑)


実はピアノも通算8年くらい習っていました。
絶対音もたぶん身についたと思いますが 今では【宝の持ちぐされ】です(笑)

ピアノは 3歳から母が選んで 習わせてくれてました。なので、たぶん私にとっては義務だったと思います。
そろばんは、自分からやりたいといって、2年生から習い始めました。

中学の部活が忙しくなり、どちらも中1の終りにやめちゃいましたが、
そろばんは自分の子にも習わせたいと 考えてます。

やりたいときに やりたいことが
できると のびますよね~。

2008/03/13(木) 10:33 | URL | モス姉 #-[ 編集]
次男君これだけお手伝いするなんて凄すぎますよ。小学校から帰ってきてこれだけこなしたら、もう寝る時間ではないですか?
うちの子も忘れ物の大家なんで、人事ではありません。
うちの場合も習い事は本人がやりたがってはじめた物なので、かなり一生懸命やってます。やっぱり本人のやる気にかかってますよね。
良いやり方かわかりませんが、宿題を忘れないで1月頑張れたら、習い事始めていいなんてやり方って駄目でしょうか。宿題も習慣だと思うんで、習慣として定着させれば少し親も子も楽だと思います。うちもあるお教室に通っているんですが、必ず宿題を木曜日までにやろうという約束で習慣づけたら、少し楽になったし、宿題をやって自信をもってお教室に行くというのが本人も嬉しいらしく、このまま頑張って欲しいなと思ってます。
2008/03/13(木) 11:06 | URL | 花音 #-[ 編集]
ウチはシングル家庭ではありませんが、家事分担はさせています
母ひとりが世話役ではなく、共同生活をしている感覚でしょうか、寮生活のような…
布団を畳んだり、食事の後片付けは当然やらせますし、洗濯は洗って取りいれるまでは私がしますが、3人それぞれのカゴに入れておきます
畳んで片付けるも良し、そのまま部屋に置くも良し…
掃除と犬の世話は全員で責任を持ちます
ウチでの禁句は「私のせいじゃない、私がしたんじゃない」です
誰が散らかそうが、汚そうが、みんなの責任です
このスタイルを貫いて、5年ほどですが、そろそろ定着してきたようです
何も言わなくても、掃除や片付けはできるようになりました
何事も訓練ですよね(笑)
三女のトイレトレーニングは、ほとんど長女がしてくれたようなものです
汚れた下着を洗って、着替えさせて…
以前コメントで書きましたが、そのおかげで三女はオネショの始末も自分でできる訳です
主人は軍隊のようだと言いますが、サバイバル能力は必要です
大げさですが、何でも自分で出来るっていうのは大事なことです
2008/03/13(木) 15:02 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
モス姉さん

わお!モス姉さんも3人いらしたんですか??まさにモス「姉さん」です。
次男はしんどいけど、別にまあこんなもんだと思ってるみたいです。妻が亡くなった後、我が家は「妻の実質支配」状態から「家族全員による集団指導体制」に移行しました(訳分からん説明)。なので、みんなで支えあう、と言うスタンスです。自分の事はすべて、自分でやる決まりです。親としてもとても助かってて、子供たちに感謝の毎日です。
そろばんですけど、塾で小学校低学年の子が、私には到底不可能な3桁の計算を暗算でやっていたので、大いに驚きました。親の出来ない事を子供が身に付ける。まさに子育ての醍醐味でもありますね。

花音さん

凄いでしょ(笑)? でもね、まだまだ見ていると非常に効率が悪いんです。油断しているとマンガ見ながら洗濯物畳んだりして、1時間かかっちゃう時もあります。叱りますけど、そのうちなれるでしょう。
一番問題なのは、友達と遊ぶ約束をした時です。基本的に、家事より友人を優先させています。なので、帰宅してからがギュッと詰まったスケジュールとなり、ちょっとは手抜きさせますけど、全てが終わると、後は寝る時間になっちゃいます。

あーちゃん

え~っと、ホンマに我が妻があの世からカキコしているようなコメント・・・・。うちの妻だったら、ほとんどあーちゃんさんと同じようなコメントをするに違いありません。カキコ見て、ピーンと来ますね。
子供の能力は本当に凄いところがあって、求めると時間はかかることあれど、かなりの事が出来るようになるんですよね。逆に、ラクをさせるととことんラクする。子供の頃、苦労まではしなくていいと思いますけど、ラクをしないで成長した子は、その分得るものも大きいような気がしています。
これからも、妻的コメント、お願いしますね!

2008/03/13(木) 20:09 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/324-6d9f0d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。