3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

中国人の恋人と付き合っていた時に、言われた事がある。「日本は世界で唯一の、社会主義国ですね」と。(社会主義の理念を実現できた唯一の国、と言う尊敬の念をこめて、彼女は言った)

このセリフは、日本人が自分の国の事を自虐的に表現する際にのみ、使われる言葉だと思っていたので、本家本元の社会主義国の女性にこういう風に言われ、大いに驚いた。

日本は中国と違って、誰もが「民主主義国家」だと思っている。しかし、本当にそうなのかと言うと、実は違う。

欧米先進国は、民主主義を生んだ地で、まさしく民主主義国だと思う。お隣中国は、政治的には共産主義国家だ。で、肝心の日本はとう言うと、「官主主義国」だと思っている。表面的には民主国家だけど、日本を実効支配しているのは官僚である。実質的に、官僚による集団指導体制にある国、という事が言えると思う。

そういう意味では、欧米よりはるかに中国に近く、中国の体制をあまりつべこべ言えない気分にもなる。

その官僚たちが、中選挙区制という自民党に都合の良い選挙制度下で事実上の一党支配を続けた自民党と、持ちつ持たれつで美味しい思いをした最たるものの一つが、「道路特定財源の暫定税率」だと、一庶民としては、そういう風に理解している。

当初の目的は適切だったのだろうけど、既に60年近く、「暫定措置」が取られていて、その間に知らない間に増税され、給油の時だけでなく、自動車購入時や、車検の時など、あらゆる段階で税金を搾取できるように暫定措置の範囲が拡大されていった。

そして今回、衆参のねじれ現象で、こんな国民を馬鹿にしたような税金そのものの存在と使い道があからさまになり、大いに憤りを覚えた、と言う所だろう。

既に今年度の予算編成を終えた国や自治体は、暫定税を取れないと混乱するだろう。財源の不足をどうカバーするか、急いで考えねばならない。ただでさえ変化できない組織の代表みたいな所が行政なので、右往左往しているかもしれない。

福田首相が、「混乱をお詫びする」と言った相手は、まさしく官僚と行政に対してであった。(国民は全く混乱していない、ガソリンスタンド以外は)

その福田首相、、特定財源の一般財源化を表明したけど、これって小泉内閣と安部内閣の時から決まっていた事を、道路族に配慮してうやむやにしてしまい、けれども暫定税を復活させるために流石にヤバイと考え、いかにも大英断しました、みたいな風に言われているのが、またまたおかしな話だ。

今年はいつ選挙が有ってもおかしくないと思われている。福田氏のようなリーダーシップがない人に、日本を任せられないと言った風潮になってきた。

では一体、民主党には政権担当能力があるのか? 私はこの点をずっと考えてきた。そしてたどり着いた結論・・・・。

どの党にも、政権担当能力が無い。」であった。

民主党の能力の有無よりも、今の自民党に政権担当能力があるとは、とても思えない。連立与党の公明党だって、創価学会のための政党であって、そもそも彼らも政権担当能力が無いのに、与党である。

少し前は、社会党の党首が総理大臣をしていた。社会党に政権担当能力が無いのは誰の目にも明らかだった。さらにその前は細川内閣で、自民党以外の野党が連立を組んだものだった。

こう見て来ると、小泉内閣は少々違うと思うが、それ以外はどの政党が政権を担っても、日本は全く変わらないと言うのが、歴史的に明らかなような気がする。

変わらないのに何とかなっているのは、政治家の背後に強力な官僚機構があるからだろう。それを考えると、密かに持っている彼らの権力の強大さに、恐怖を覚える。

安部内閣が崩壊したのも、公務員制度改革を実行に移そうとしたために、官僚がつぶしにかかったからだと思う。

それにしても、私たちがきちんと一票を投じても、政治家が実質的に支配できないとしたら、自分達で日本の進路を舵取り出来ない事となり、これは大変問題な事だ。

同じような官僚天国の中国でさえ、国家主席は日本の首相より、はるかに強力な力を持っている。何もできない日本の政治家を、中国はバカにして、アメリカは相手にしていない、と言うのも、まあ理解できる。

ではどうしたら官僚の力を減らす事ができるのだろうか? 私は今、その答えが分からなくて、悶々としている。

少なくとも、定期的に政権が交代して、与党と官僚の持ちつ持たれつを定期的に遮断する事がまずは最も大切なんだと思う。でもそれだけでいいのだろうか? ちょっと分からない。

色々と細かい事まで、市民が行政を当てにしたり、ちょっとした公務員のミスをこれでもかと批判するような事が、結果的に行政、最終的には官僚機構を肥大化させているという気もする。

アメリカの官僚機構は、どのようなシステムで運営されているのだろうか? ちょっと最近、興味が有る。機会が有れば、首を突っ込んで見てみたいなあと思っている。

今日は少々お堅い内容のブログになってしまった・・・・。暫定税率の期限が切れて、15%以上も値下がりしたガソリンを給油していたら、ついそんな事を考えてしまった。

ところで、私の希望する政治の体勢はどんな仕組みか、少しばかり記しておこうかと思う。

①国民が直接選ぶ事のできる、大統領制とし、権力を集中させる
②参議院は廃止にする
③一院制でも良いと思うが、あえて二院制にこだわるなら、参議院を名誉職のような仕組みにする


③番を補足すると、任期を5年程度として、地域の名士や、著名な企業家、様々な分野の専門家などから構成された、100人程度の議会。選出方法は・・・・そこまで考えてません(笑)。

名誉職なので、年間100万円くらいの収入にします。私服を肥やしにくくするために。金や権力ではなく、志を持って発言できる人を集める事にします。まあ、基本的には立候補してもらって、やはり選挙になるのかな? 欧米などの、元老院みたいなイメージかもしれません。



  ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

下記のサイトも参考にどうぞ

値上げラッシュでも余裕の生活
  値上げに負けない生活!~物価上昇時の家計見直しガイド~
庶民に最適の投資術、コツコツとコンスタントに貯められる
  ノーロード投資信託~手数料無料投信ガイド~
・シングルペアレントの生き方+お得情報
  シングルファザーの幸せ
お小遣いサイトのリードメールマニアのためのサイト
  リードメール徹底ガイド
痔を患ったときに読もう、女医さん情報と体験談が人気
  痔の症状・治療法 完全ガイド

管理人オススメのファンド
No1:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
No2:ジョインベスト・グローバルバランスファンド

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
あたしもこの前軽にガソリンを入れて思いました。
いつもなら3千円以上かかるのに、かなり安く入れて助かったと思いました。
素人から見れば、何が『暫定』なのか、60年もあいまいな税金が許せない。
テレビでよく最近見かける、舗装の汚い道路ですが、
舗装がひび割れてても車は通れるし人も歩ける範囲だと思ってしまいます。
これ以上道路が必要なのかなぁと思ってしまいますよ。
2008/04/12(土) 02:16 | URL | ゆずき  #-[ 編集]
ゆずきさん

そう言えば本文で書きませんでしたけど、暫定税がなくなったら、地方の土建屋さんはかなり苦しいでしょうね。でもまあ基本的に、ビジネスで生き残るには知恵と工夫が必要なので(資本主義ですから)、これはまあ、倒産もやむを得ないかもしれません。一番心配なのは、なんとしても道路を作るために、福祉や教育分野の予算が削られる事です。こういうのに手を出す政党や政治家は、落選させねばなりません。
2008/04/12(土) 21:44 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
中国人の恋人さんの発言は面白いですね。まあ、ある意味社会主義なのでしょう。ちなみに中国は社会主義というよりも共産主義国では?マルクスの提唱する社会主義を実現しているとはとても思えませんが。

ま、そんなことはさておき。現在の各政党に政権担当能力がないというのは、同意ですね。むしろ旧自民党体制がもうダメなのに、福田さんを首相にするから問題なのですよ。
日本には民主主義を培ってきた土壌がないので真の民主主義への移行は当分無理でしょう。トップダウン形式で常にやってきたのですから。
「お上の言うことに逆らうな」の根性は今でも抜けてません。
問題なのは、官僚や政治家に政治能力がないってことですよね。

解決策は・・・、無いんでしょうな。一度大怪我でもしないと気付かないでしょう。その時に隣国に喰われなければ良いんですがね。

で、主題のガソリンの値下げですが、庶民としては嬉しいですが政治的にはどうだろう?と疑問ですね。
道路予算が確保できなくなる事態は望ましいとは思いません。もっとも、予算の割り振り方に問題があることは否定しませんが、割り振りの方を整理する前に財源が無くなってしまっては色々な部分に歪みが出るでしょう。そもそも、暫定なんて言ってないで、必要な部分は法律化すればいいんです。
必要な議論すらされない今の国会には何も期待はできませんが。
2008/04/17(木) 09:52 | URL | 通行人B #bWohHV5s[ 編集]
通行人Bさん

マルクスも、一昔前の共産国家を見たら、さぞ落胆したでしょうね。今の中国は建前(政治体制)は共産国家ですけど、経済的にはもはや社会主義国の範疇にはないでしょう。
財源についての通行人Bさんの指摘、仰る通りだと思います。ただ、官僚機構や行政と言うのは、著しく硬直化した組織ですから、たまにはこういう「官」にとっての大混乱も経験させてやらねばならない、などと感じています。民間だったらこういう環境の変化を通じて、潰れる所は潰れ、生き残る所は身軽で、強い組織に変わりますしね。
とは言え、やはり福祉や教育などの予算の配分が減らされるんでしょうね。
今回のガソリン騒動、福田氏が特定税率の一般財源化を、小泉と安部の内閣で公約した事を、道路族と官僚への配慮から誤魔化そうとしたのが大きな間違いでした。最初から一般財源化を強力に推し進めておけば、土壇場でこんな無様な事にならなかったかもしれません。やるべき時にやれない人がリーダーだと、中国に追いつかれ、追い越されます。
2008/04/17(木) 20:48 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/344-5a8b24bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。