3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

江原氏の事を初めて知ったのは、去年の事だった。親しい友人が奥さまをもらわれたと言うので、お宅にお邪魔して食事を頂いていたら、友人がぼそっと言った。「江原啓之って、知ってる? かみさんが大好きなんだよなー・・・」と。

全く聞いた事の無い人物だった。江原氏の会話はそれっきり。気にも留めなかった。

が、食事の後に、「新婚写真を見せてくださいよ!」と要望を出してPCを起動、あれこれ見ているうちにその友人「そうそう、江原氏のサイトもあるから、見てみるか?」とまた切り出したので、「いいですよ~」みたいな感じで見たのがオフィシャルサイト。

 ⇒
江原啓之公式サイト

一目見た瞬間、私の脳内の「これは怪しいから十分気をつけろ!カウンター」があっという間にレッドゾーンに。

第一印象・・・・大川隆法や福永法源とおんなじにおいがする・・・・

友人と二人だけなら論評もするけど、奥様がいらっしゃるのでコメントできず、その場は「う~ん、ちょっと良く分からないなあ」という曖昧な回答になった。

私には全く関係のない人物なれど、本来公正・中立であるべき公共放送の場でこれほど大々的に紹介され、書店に行くと本が山積みで、しかも家庭や子育てのコーナーにまで侵入するようになると、さすがに私も気になりだした。

取り立てて批判したことも無いけど、中身を知らずして怪しいと思うのは良くない。で、近所のツタヤで本を手に取って読んでみる。「・・・・・ふむふむ、う~ん、なるほど、なかなかいい事書いてあるじゃん。はーはー、売れるわ、これ。ま、悪い本ではないわな・・・・。」

で、もちょっと読んでいく。「・・・・・・え~っと、次は何だ?ん~、あなたの人生は、すでに前世から決まっている????」

んじゃこりゃ!? んな訳ないだろ!」・・・瞬時に本を閉じ、投げ出す。というか、ガクーっと来る。

私は前世とか来世の話をする事自体は嫌いではない。と言うか、好きだ。想像力が働いて、純粋に楽しい。が、世の中には必要以上にそれに「囚われてしまう」人がいる(別にただ単に信じているレベルでは全く問題ない)。

だいたい私ゃ、小学生の頃から前世がどうのこうのと言う話は、完全にまやかしだと思っていた。だってそうでしょ? 現在暮らしている60億の人口は遡る毎にどんどん少なくなって、前世の人数が足りなくなっちゃう。

それに、大半の人の前世は農民や漁民だったはずなのに、「あなたの前世は小作人で、あわとひえを食ってる普通の人でした」なんて診断する人、今まで聞いたためしがない。

前世は人間とは限らないとすると、「あなたの前世は豚ですね」と言う診断があってもおかしくないが、そんなのも聞いた事がない。

人間をひたすらさかのぼると、類人猿になり、さらにもっと時間を逆回しにしていくと、陸上の動物はいなくなり、みな魚類の先祖にたどりつく。さらにさらに遡ると、すべての生命の始まりは、単細胞生物になってしまう。

ちなみに、じゃあその単細胞生物は誰が作ったのか? ここで「神様」なるものを登場させるのであればまあ理解はできる。あいにく現代では、おそらく化学反応の結果生じたもので、実は宇宙の至る所に生命は豊富に存在する可能性が高い、と言うのが最近の主流だが。

大槻教授が今回出版した「江原スピリチュアルの大嘘を暴く」と言う本は、こういった視点から江原氏の言動の矛盾や、まやかしを細かく明らかにしていく本である。

Image213.jpg
 ⇒江原スピリチュアルの大嘘を暴く

たぶん、対象年齢は10代~20代。私のような大の大人が真面目に読む本ではない。なので、大槻教授の怒りは脇に置いといて、純粋にエンターテイメントとして楽しんだ

それにしても江原氏をここまでこきおろしていると、江原氏の虜になっているような原理主義者に、後ろからナイフでグサッと刺されるんじゃないかと、そっちの方がよほど心配になった。

この本、娯楽作品として読むと楽しいが、最後の章、「江原にすりよる文化人」以降は、けっこう考えさせられた。そして本の最後の最後に、「あー、大槻教授って人間味があるなあ」と、とても感慨深くなる個所があったので、ちょっと引用したい。

たまに実家に帰ればお墓参りするだけでなく、祖母や父の写真や日記をめくってみる。祖母の写真は特に頻繁に眺める。気が落ち着かず、いらいらしたりストレスがかかったりすると、祖母の写真に何げなく語りかける。

ひとは死んで何も残らないのか?違う。何かが残る。その人が作ったもの、話した言葉教えたことなど。つまり、死んだあとに残るものとはその人が生きたという情報なのだ。

・・・・・つまり霊は、後の世の人々の心や遺伝情報の中に存在する。


そしてその人の心を、商売にする人間がいるのが現実だ。必ずしもそれは、悪い事とはいえない。江原氏自身は、福永法源のように高額な商品を売りつけたりしない点で、まだマシと言えるだろう。

分別をわきまえたうえで、江原氏の書いたものから、良い部分だけを抜き出して参考にできるならそれで十分なのである。

と、・・・・ちょっと長くなってきたので、ここらで私の感想を3点だけちょこっと書くとします。

その①:江原氏の行動はビジネスの観点からみると非常に参考になる

江原氏を霊感心理士などと思っちゃいけない。あれはビジネスマンだ。本来宗教の領域である部分を「スピリチュアル」なる、上手い言葉に置き換え、近寄りやすくした点(本質的には完全に宗教まがいだが、宗教法人になるわけでもなく、宗教であるとも表現しない点)、ターゲット層を20代~30代の人生経験をあまり積んでいない若い女性とした点、マスメディアや文化人を上手に利用した点、福永法源に学んだのか、完全なブラックゾーン、つまり霊感商法には手を出さないで収益を上げるビジネスモデルを構築している点など、なかなかうまい。

本も良く書けている。テクニックがあれば書ける範疇の本だが、まずまずだと思う。ライターに執筆してもらっている可能性もあるが。

彼はネーミングのような「カウンセラー」でも何でもなく、本業のカウンセラーからしたら迷惑この上ないが、もしもカウンセラーをやらせたら、たぶん超一流の仕事ができると思う。精神科医にもなれる。

その②:マスメディアの姿勢こそ問題

江原氏の事を問題にすると、全国の占い師などを問題にするのと同じような事になるので、誠に馬鹿らしくなる。それよりも、江原氏の言う事をさも本当の事かのように演出して、視聴率を稼げるのなら何でもやるという、マスメディアの問題こそ、大問題だ。

本来、オーラの泉など、深夜こっそりやっていればよろしい。

以前、慶応大学の先生が、マスメディアについてのおもしろい指摘を行っていたので、いずれ記事にしてみようかと思う。

ライブドアに買収されそうになった時に、フジテレビの会長が「公共放送は文化」だから、あのような敵対的買収はいかがなものか?と苦言を呈していたが、フジテレビが文化だと思ってもいなかったのでびっくり仰天したのを、思い出した。

その③:既存宗教が駄目だから江原氏が調子に乗る

私が一番言いたいのがこれ。江原教の信者は、正確な統計が有るわけではないけど、20代~30代の女性が圧倒的に多いと聞く。彼女たちは死ぬか生きるかの大問題に直面している訳では無いだろうが、やはり今の時代だからこその悩みがあるのだろう。

生きる者の幸福や癒し、生きがいなどを提供するのが、本来の宗教のあり方だと思う。既存宗教の代表格が、現代仏教。なぜ彼らが江原氏や、その前にも数々登場した少々いかがわしい人たちに対し、声を上げないのか理解に苦しむ。

だいぶ前に京都市が、寺社仏閣の拝観料金に税金をかけようとした事がある。その時の京都仏教会の反応は大変愉快、かつ不愉快なものがあった。

京都仏教会など、普段は何をしているのか全く不明だが、この時ばかりは全精力を傾けて税金徴収に大反対、マスコミにも登場した。拝観拒否をして、有名な寺院の多くが門を閉め、観光客を失望させた。

仏教は、しょせんそんなものなのか? たとえどんな事があっても門を閉めてはいけないのが宗教だろう(と言うか、外に出ていかねばならない)。金の問題で門を閉ざすようなのは、宗教でも何でもない。悩みや苦しみを癒せない宗教など、完全に用済みであり、そこに、江原氏のつけ入る隙がある。しかも非常に需要は多い。

いろいろ苦しみを持った人たちが、もしも江原氏の本1冊で気分が軽くなるのであれば、それはそれで、止むを得ないような気がしている。


・・・・記事書くのに3時間以上かかりました。思うに、江原氏を好きな人って、優しくていい人ばかりだなんですよ、たぶん

そんな人は本来、般若心経でも読むと良いです。「え~~!?宗教ヤダ~!」になっちゃうけど、般若心経はもはや宗教ではなくて、哲学書みたいなもんです。

はあ、それでもまだ敷居が高いなあ。「宗教でない」、を隠れ蓑にして極めて宗教チックな事をやっている江原氏、実に優秀な事業家です。


 

  ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

管理人オススメのファンド
No1:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

江原さんより、断然ゆうこりんの方が好きという方はこちら

 ⇒小倉優子ちゃんが全員にFX本を無料プレゼントー

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
今日はぽちだけでごめんなさい!
個人的には江原さんすきですけどね~(笑)
ぽち
2008/04/23(水) 00:45 | URL | ピンクドルフィン #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/23(水) 17:15 | | #[ 編集]
私も江原さん好きだなぁ~
熊さんみたいであったかそう~

江原さんより美輪さんの言うことが好きで
オーラの泉、結構見てます(笑)
良い部分だけを抜き出して参考に!!
まさにそんな感じです。
それより塾長さん3時間かけて書いた文章がすごい分かりやすいし
考えがよく分かるしまとまっているし
関心しちゃいました。
私がいかに感覚人間か。。。
塾長さんのブログ読んでとても勉強になります。
いつも、ありがとうございます!
2008/04/24(木) 07:51 | URL | いちご #-[ 編集]
いちごさん

江原さんより美輪さんの言うことが好きで・・・確かにそうかも。江原氏よりもよほど、世の中の表と裏を知っているような感じがしますね。そういう方が、心に響く。
それにしてもこんな記事に「ありがとうございます」なんて。いちごさんも、なかなか褒めるのが上手だ! コーチングの効果が表れてますよ(笑)!

ピンドルさん

なはは。女性陣はみんな、江原氏好きですからね。ちなみに今回の大槻教授の本には、なぜ男は騙されないのか?というくだりもあって、ここは女性が読んだら腹を立てそうだなー、って感じでした。

ノアさん

こちらこそ、ありがとうございます! 私もいろいろ調べると「江原氏怪しいぞ!」となりますけど、個人的には何の関心も無いですねえ。江原氏の言ってる事よりも、新興宗教の方がまだずっとマトモですよ。江原氏はオカルトの世界に半分足突っ込んでますからね。
ま、私は自分で自分を探したいです。死ぬまでにまだ40年くらいあるでしょうから、の~んびりと、探していきます。
2008/04/24(木) 18:06 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
たどり着きました。僕の知り合いで、手相が見れると言う人物がいて、周りから金借りて逃げて回ってますよ。結局は金ですね!
2013/09/04(水) 10:13 | URL | たくちゃん #-[ 編集]
たくちゃんさん、

そんなもんですよね~。過去や未来が分かるなら、苦労しません。
2013/09/05(木) 18:05 | URL | 塾長 #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/354-e06a09ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。