3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

昨日から、極度のスランプに陥り、仕事のやる気が出ない。年中無休で仕事をやっているから、こういう時もあるか。リアルで仕事をしていた時だって、こういうのはたまに、あった。

そんな中、アマゾンで注文していた、中島みゆき夜会Vol6シャングリラ」のDVDが届いた。清水の舞台から飛び降りるつもりで購入した、8000円以上もする品物だ。


夜会 VOL.6 シャングリラ
夜会 VOL.6 シャングリラ中島みゆき

おすすめ平均
starsストーリーに合わせた歌詞が楽しめる作品
stars復讐の果てに
stars復讐劇の先にあるものは...
starsちょっとダルイ
stars私のお気に入り!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私は中島みゆきの大ファンと言うわけでもないのに、実は十数年前に、渋谷のBunkamuraシアターコクーンで、夜会Vol6「シャングリラ」を見た。当時、コクーンで客席案内係のアルバイトをしていた妻(当時は妻ではなく、恋人だったが)の伝手で、チケットを入手し、一緒に見た。

当時の私は、毎月のように色んな舞台芸術を鑑賞していたが、歌手の歌う舞台、つまりコンサートに行くのは珍しい事だった。

中島みゆきの知識など全くなく、ただ単に妻から、「凄いから一度見ておけば?」と言う誘いで行った訳だ。(ちなみに妻は仕事上、当時のコクーンの舞台は中島みゆきを含めてほとんどの演目を何度も見ていた)

で、見た感想は「びっくり仰天」。(表現が貧相ですね・笑)

演劇に音楽的な要素を取り入れた代表がミュージカルだと思うが、あれは個人的には欧米人の発想だと思う。日本人が同じ事をやると、歌舞伎となり宝塚となる。

が、夜会はコンサートに演劇的な要素を多分に持ち込んだところが凄かった。音楽と演劇の、このような出会い方もあるのか!と、感動した。音楽的なセンスのない私が、完全に引き込まれた。全曲が一つのストーリーに関連付けられており、単に歌うよりもはるかに琴線に触れる。全曲を歌い終えると壮大なドラマを見てきたのと同じ効果をもたらすのは、ミュージカルとおなじ。

中島みゆきって、凄い人だと、初めてその時に分かった。(が、翌年見た夜会は演劇的要素が少なく、私が入り込む余地は無かったが・・・・。)

で、その「シャングリラ」中の楽曲を突然どうしても聞きたくなり、高価なDVDを取り寄せたのであるが、すべて見終わった感想は・・・・・、

 

最低の出来・・・・・



見ると言っても舞台芸術と映像芸術はまるで異なるため、シアターコクーンで見た超一流の舞台は、DVDの中には全く存在しなかった。

特に舞台美術と舞台装置の目を見張るような美しさを感じる事が出来なかったのは、極めて遺憾かつ無念であった。これを「夜会」というネーミングで販売するヤマハミュージックに対し、「これは詐欺だ。金返せ!」と言いたいほどであった。(売るならせめて「夜会・特別編」とでも銘打つべきだ)

ま、舞台と言うのは一度きり、その場限りのものなので、映像化されたものに期待する事自体が、ナンセンスではある。

DVDでは常に中島みゆきを大写しにして、進行される。優れた絵画や写真は、副題が存在して初めて主題が引き立つ。料理だって、パンやライスがあるから、メインディッシュが美味くなる。夜会DVDは「主題のみ、主菜のみ」の、芸術性に劣った映像作品なのであった。

がしかし、中島みゆきの音楽と歌詞の凄さは、この私でも唸ってしまうほど凄い。夜会を見ると言うのでなく、中島みゆきの音楽を楽しむビデオ作品、という位置づけで見直してみると、やはり大変な作品である。

同じ歌を何度も歌ったり、別の人物の立場で歌いなおしたりして、変幻自在の音楽劇である。私には深く理解できぬが、音楽の持つ芸術性の深さや、多様さを、示してくれていると思う。

そして今回も感じるのが、超一流の芸術作品は、見るたびに違うところで何度も感動できる、と言う点。おそらく親子に渡り、十年単位で楽しめる。その意味からすると、8000円は極めて安い。まさに、買い、である。

シャングリラ」のテーマは、世の荒波の中で「生きる」と言う事にある。さっさと死んでしまった妻と、十年以上前に一緒に楽しんだ作品を、ひとり生きている私が鑑賞すると言う不条理じみたシチュエーションに、それだけで泣けるし、笑えもする。

お前は知らないだろう、私が泣いていたこと、遠ざかる車の中で、灯りが遠くなっても、手を振り続けながら、「生きて」と願っていた、私は遠く地獄で暮らし、宝物を送るよ、きっと愛を見つけてよ、本当の愛を見つけてよ、生きてゆくおまえ

ひとりでも私は生きられるけれど、でも誰かとならば、人生ははるかに違う、強気で強気で生きてる人ほど、些細な寂しさでつまずくものよ

これらの歌詞に、一人しんみりとなって、過去、現在、未来を見つめる。スランプになってこの作品を見れば、余計に強く、心に響くのであった。


  ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

管理人オススメのファンド
No1:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
No2:ジョインベスト・グローバルバランスファンド

全員必ず、現金5000円がもらえるキャンペーン
5000円プレゼント!マネーパートナーズFX


●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/08(土) 18:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/370-1c62cc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。