3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

今日はのんびりした記事を書こうと思ってたのに、とても心が痛むシーンを目撃してしまったので、それを。

私は、茨城県の鹿嶋市と言う所に住んでいる。サッカーの鹿島アントラーズのホームタウンと言えば、最近はどこでも通じるようになった。地方都市ではあるが、疲弊した大半の地方の町よりも、相当に恵まれた田舎と言える。

その町の中心部に、ジャスコ鹿嶋店がある。そこで豚肉(&ビールとつまみ)を購入して、お店から出たところで、とあるおばさんが駐車場わきでひっくり返って苦痛に顔をゆがめている場面を目撃してしまった

ただ転んだだけかな?と思い、通り過ぎようとしたけど、なんとなく動きが変である。ちょっとおかしいぞ!と思い、じっと見てみると、そのおばさん、「白い杖」を持っている。

そう、目の不自由な方なのであった

そのおばさんが、駐車場わきで転んで、痛さに顔をゆがめていたと言うわけ。びっくりして声をかけるとようやく立ち上がって、スネを押さえている。見ると、大きなあざになりそうな傷が出来ていた。

幸い、骨折したり捻挫したりしていなかったので、予定通り、お買い物をするらしい。「すいませんね、ごめんなさいね。ちょっとよそ見しちゃったら、どこに行っていいのか分からなくなっちゃって。もう大丈夫ですよ。・・・・いつも来てるんですけどね、転んじゃうとどこにいるか分からなくなっちゃうんですよ。」なんて、独り言のように呟いている。

足のスネが相当に痛そうな雰囲気なので、お店の入り口まで案内してあげたが、もしも助け船を出してあげなかったら、相当危険な状態だった。

まず第一に、駐車場わきで転んでいる事。いつ車が来ても、おかしくない場所である。

第二に、最も交通量の多い場所の一つであり、なおかつ道路が交差してすぐの場所、つまりクルマ側からすると曲がった瞬間に位置したところで転んでいだ、と言う事。車道側に転んでいたら、極めて危険だ。しかも、転んでから立ち上がるまで、1分近く要していたし、まさかこんな所に人が転がっているはずがない、と言う所で転んでいたから、不注意なドライバーなら、轢いてしまっていた可能性がある

おばさんを店内まで誘導してあげて、「気を付けて下さいね」なんてありきたりの言葉を口にして、さて、ジャスコ駐車場周辺を見渡してみると、・・・・・なんと「反バリアフリー」なお店な事か! 

クルマにとって、最も都合の良いように作られている。が、
歩いてくる人もいる、しかもそれがハンディキャップを持った人かもしれない、と言う想像力が全く欠如したような店なのであった。

J1.gif 

↑この場所、小さな子供連れで歩くと、歩道と車道の区別がつきにくくて、大変怖いです。過去に何度か人身事故があってもおかしくない場所なんです。

Image390.jpg 

↑転倒してた場所の拡大。健常者には、なんでもない場所。

J2.gif 

↑車道に沿って白い柵があるのに、曲がる場所からは柵が突然無くなる。おそらく、ハンディを持った人でないと分からない恐怖なのかもしれない。

J3.gif 

↑転んで痛さを我慢しながら、もしかしたらあのおばさんが歩かねばならなかったルート。誘導する点字ブロックもない中、どうやって店の入り口まで到達するのか、普段あのおばさんは、人知れず努力して、歩数を確認しながら入口を探し当てていたんだろうか? 撮影の日は、無情にもタクシーが横断歩道を占拠していた。


行政が規制しないからかよく分からないけど、点字ブロックなどのような、目の不自由な人が「生きる」ために最低限必要な仕組みが、全く無いのであった。そのくせやたら多いのが、不用意な段差。

こんな場所を、しかも地方なので車が主役の社会を「目をつぶって歩いてみな」と言われたら、どれほどの恐怖か・・・・。

それでもあのおばさんは、「いつも来ている」との事。地方で目が不自由、しかもお店まで送り迎えする人がいないとしたら、いつも来ている場所以外は、到底行く事なんてできないんだろうと思う。

このおばさんは「レアケース」。目が見えないごく少数の人のために、多大なコストをかけて設備投資するのはどうなんだろうか?と言う意見もあるかも知れない。

しかし、身体的なハンディキャップと言うのは、努力すれば何とか回避できる可能性のある「経済的な格差問題」とは全く異なる問題だ。

ジャスコは「木を植えています」なんて運動を展開している、責任ある「東証一部上場企業」である。木を植える、すなわち地球に優しい、なんて言う「聞こえが良くて、中身を理解せずついうっかり褒め称えてしまう」ような環境問題よりも、人そのものに優しい企業になってもらいたい

僕はジャスコで買い物をし、結果、ジャスコに差し出した利益の一部を、木を植える活動なんかよりも、誰でもそうなる可能性のある「ハンディキャップを持った人」でも、安心して利用できる店舗づくりを目指してもらいたいと思った。

なお、本件については、私にしては(めずらしく)相当に心を痛めたので、ジャスコのお客様問い合わせ窓口に、伝えようかと思う。もちろん、ただ単に伝えただけでは、大企業は一個人を軽くあしらう可能性があるので、毎日200名前後の方に見ていただいている当ブログに記事にしました、との文言も加えて、メッセージを送りたいと思う。

(1日200名、月に6000人、年間7万2千人・・・・そんな人数でも大したことない、と思われちゃうかもしれませんけどね、天下のジャスコ様からしたら)

最後に、ジャスコばかり批判するのは良くないので、もう一つ付け加えておきたい。

鹿嶋市の道路そのものが、ハンディキャップを持った人の視点からすると、欠陥である。車椅子で出かけたとしても、あまりに段差が多すぎるので、とてもじゃないけど自由に外に出られない。

おそらく多くの地方都市に共通の話になるかも知れないけど、障害を持った人がきちんと自分の意志、自分の力だけで自由に外を歩けるような、そんな社会にしてもらいたい。

 ●08年9月5日追記:この記事を書いたのちに、ジャスコのお問い合わせ窓口に、名前と連絡先をきちんと記入して、こう言う事がありましたよ、と連絡してみた。が、ちょうど1週間たった今日になっても、電話はおろか、メールの1本も来ないのでありました。

ジャスコって、そう言う会社だったのか・・・・。悲しいものがある。

 

 ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

私も毎月積み立て運用中! 30年続けます。年金が無くても暮らせる老後が目標。

セゾン・バンガードグローバルバランスファンドの評価・解説ページ



 塾長が最もオススメするブログービス:FC2ブログ>>> ・・・・他に比べて、非常に作りやすい! 管理画面が使いやすい! アフィリエイトを利用したお小遣い稼ぎが認められいる!たぶん、最強のブログサービスです。

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
初めまして塾長さん。3児の母です。障害者の娘がいますので(二十歳で車椅子使用)この記事を何と嬉しく拝見したことでしょう。最後の2行をご家族に身体障害の方がみえないのに分かって下さるとは娘共々感激でした。それから娘と少しづつ拝見しています。一番最初の記事にたどり着くのに時間かかりました。私がパソコンに不慣れでやり方が分からないからでしょうか。ジャスコは店内はバリアフリーになっていますが、やはり車で来店というのがコンセプトになっているからでしょうか。公共機関も含めてジャスコに娘が一人で遊びに行こうとすると命がけです。以前そういうブログを私も書いたことがあります。大型ショッピングセンターと書きましたが・・
それで公共機関の発達した東京で就職しようと頑張っていて実はジャスコにも面接したことあるのですが、返事さえこなかったですよ。
その気持ちを社協さんさえ分かってくれなかったのに塾長さんがあの最後の2行に書いて下さってありビックリしました。
まだまだお話したいことはありますが今日はこの辺で・・あっ、わが家は母子家庭なので末っ子の中学生坊主に手を焼いているので、塾長さんの言う事をよくきかれるお子様方が羨ましいで~す
2008/09/02(火) 14:40 | URL | 昔はむすめ #-[ 編集]
昔はむすめさん

コメント、ありがとうございます!! 3人お子さんがいらっしゃり、しかもシングルペアレントだなんて、とても親近感を感じますね。
ハンディキャップを持ったお子さんがいらっしゃる点で、私よりも、娘さんを通じて、広い世界が見えるんでしょうから、子育ての「やりがい」も、大ですね!
健常者でもハンディを持っている人の気持ちになれるかどうかは、想像力がポイントだと思ってます。あと、僕は山登りが趣味なんですが、一度山でひざを痛めて、で、翌朝地下鉄のホームに降りる階段の辛い事辛い事! この時以来です、世の中(ハード面もソフト面も)がハンディのある人にとって、無茶苦茶、雑に作られている!と理解したのは。
せめて、大企業のジャスコあたりには、きちんとしてもらわないといけませんね!
(それにしても「返事無し」というのは失礼な事ですね)
2008/09/02(火) 23:57 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/424-95ba9f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。