3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

僕は女性を叩かない主義なのであるが、今日の朝は、叩きました。

過去、僕が精神的にまいっていた時に長男にしてしまった過度の体罰(つまりこれは虐待です)を除くと、僕が常に体罰を行うポイントは次の4点に集約される。

 その①:大きな嘘をついた時
 その②:嘘を隠した時

この2つはセットになって大きな体罰につながる。嘘をついても、反省して隠さなかった時には、体罰は行われない。また、すんでのところで嘘を認め、謝った時にも、体罰は実行されない。あくまで、嘘をついて、隠した時だ。

これ以外に、

 その③:非常に危険な行動を、考えずに行った場合
 その④:食品を食べずに捨てた場合

と言うのがある。

本当に危険な行動と言うのは、小学生なら大体、年に1度くらい発生する。この時は思い切り叩く。分からせないと、自分や他人が死に至る可能性がある時、である。

上記の①~③までは、大方の人にとっても、実際するしないは別として、何とか体罰の許容範囲に入るのではないかと思われるが、問題は④の、食品を捨てた場合

これくらいで? と思うかもしれない。が、僕は結構これを重要視している。

食料は、今のニッポンに暮らしていると、大切さが全く実感できない。不味ければ捨てるし、それ以前に、大量に購入した食材を、一度も調理せずに捨てる量が非常に大きい。捨てる食材の量は、途上国への食糧援助よりも大きな数となっている事を、ほとんどの人が知らない。

(⇒関連記事:食品を冷蔵庫で腐らせる日本人

何より、食料と言うのは、人間が生きていく上で基本中のキホンになるものだと思っている。そもそもそれが無ければ、絶対に生きていけないし、食糧が自分の口に入るまで、様々な人の手や苦労を介している。

多くの人への感謝の気持ちの塊、と言えば聞こえがいいかも知れない。が、僕的にはそれよりも、今後子供や孫たちが地球上で生存していくために、食糧がどうして大切なのか想像力を付けてほしい、もしくは自分なりに考えてほしい、との思いでぶん殴る。

で、今朝は娘を15発位ビンタした。娘が生まれて初の、本格的な体罰だった。

思えば、長男はたったの一度、食料を捨てただけで、大いに殴られた。次男は二度目の時に殴られた。

それに比べ、僕は娘には甘い。娘が殴られたのは、三度目の今日だったのだから。

以前から、娘には甘いと指摘をされていて、自分でもそうだろうなと思っていた。でも女には手を上げられないという思いが体罰を拒み続けてきたものの、さすがに最近、娘がかなり、親の私を「こんなもんか」と考え始めている事に感づいていたので、ちょうど良いタイミングであった。

それでも、体罰と言うのは、本当に気分が悪くなる。体罰を目の当たりして、いつもは「行ってきます!」と元気に家を出る長男が、無言で出かけた。すぐそばにいた次男は、目に涙をたっぷりと溜めて「可愛そう」と呟いていた。

以前の精神がまいっている時の自分なら、ここで歯止めが利かなくなるところだった。一度体罰をすると、頻繁に体罰が繰り返されてしまう。長男の時がそうだった。長男には、申し訳ない事をした。

今、長男には体罰をしていない。長男への体罰が終わったきっかけは、長男が小学校高学年の時だった。僕の母親を介して伝え聞いた、僕の弟の言葉、「まだそんな事(体罰の事)、やってんのか!?」。

この一言を聞いて、ハッと我に返った気がした。この言葉を聞いてから、急速に体罰が減っていった。

今にして思うと、これって、自殺志願者が、ギリギリのところで自殺を踏みとどまった数々のエピソードとそっくりだ

僕は精神的に苦しくなって、抑うつ状態となり、長男に手をあげた。自殺念慮という症状の代わりに、息子に暴力的になった、と言う事だけなのだと思う。死ぬ気にならなかったというのは、とてもラッキーな事だった。

コントロールしながら、子供たちに体罰を加えていく。

これが良い事か悪い事か、ちょっと判断付かない。「体罰」という言葉の表面だけ捉えれば、やらない方が良いと思う。が、体罰を受けたという認識が無く、大人になったとしたら、どれだけ「打たれ弱い」人間になるのか?と考えると、ある程度の体罰も仕方がないと思える。(だって、会社員になるとなんて、体罰よりよっぽど酷いこと、沢山ありますからね!)

親父にも殴られたことないのに!」・・・・こんな有名なセリフを、社会人になって大海原に飛び出した時に吐くようなヨワッチイ奴にだけは、なって欲しくない。

ちなみに、うちの娘は、大いに打たれ強い人間だった。あれだけ叩かれたのに、30分したら、次男とケタケタと笑いながら登校していった。次男が、娘の精神的ショックを受け止めてあげたのかも知れない。

いつ、どんな時にでも仲の良い兄妹を見ていると、なんだか羨ましくもあり、自分自身、救われたような気にもさせられる。なんだか、とても不思議な感覚なのだった。

(ただし、やっぱ女を叩くのはすごーく、良くない。大変良くない。なんとか叩かずに済むように、育っておくれ!!)


 ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

マネーパートナーズFXでもれなく現金5000円をもらえるキャンペーン

●あなたもブログで、自分の、もしくはお子さんの成長記録をつけてみませんか? 
 塾長が最もオススメするブログービス:FC2ブログ>>>  

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
ワタシも後数年したら確実に関係する内容だわ。
体罰ってどこまでがOKなのか、その子個人の性格も関係するよね。
ワタシは母にはボコボコにやられた思い出がある。(父はない)
学校の先生にもあったなぁ。
20年以上昔なのにいまだにトラウマでね。。。
今は夫に体罰とはいえないくらいの程度で叩かれることがあるけど
(ん?これはDVというのか?)
でも、それだけで気が狂ったように暴れる私。

子供の性格を見極める目が欲しいと思いました。
2008/09/11(木) 21:38 | URL | chaac #mQop/nM.[ 編集]
明確な理由があって、子供もそれを理解しての体罰ならアリかと思いますよ。
私は体罰とはほとんど無関係の環境で育ちましたが、母親から3回ほど、父親からは1回だけ引っ叩かれたこと覚えてます。
でも、まだ子供だった私にとって、それはあまりに理不尽な理由だったため、はっきり言って性格歪みましたよ。愛情のかけらも感じなかったので‥‥。
そういう観点から言えば、塾長さんの体罰は「食料を無駄にするな!」という素晴らしい理由があってのこと。娘さんも塾長さんの心情は察してくれるんじゃないかなぁ。っつか、そうであって欲しいな。
でも、きつく叱った後は必ずフォローしてあげてくださいね(^_^)
特に女の子は気丈に見えて内心とってもデリケートですから!
2008/09/11(木) 22:56 | URL | あっちゃん #-[ 編集]
うちはお尻なんです。
やっぱり嘘をついた時、同じ事を3回注意してもダメな時とか。
どんなに言い聞かせても、子供って調子に乗ることってありますからね。
でもこの役目は父親の役目になってます。
2008/09/11(木) 23:42 | URL | ree #nJDHedgo[ 編集]
大きな声では言いませんが、私は体罰容認派です
もちろん真っ当な理由があってこそですが、世の中で一番怖いのは母親だと思っていてくれたらいいなという思いもあります
そうすれば、学校や会社で少々酷い目に遭っても、お母さんに比べたら全然平気!って思うでしょう?

ウチも、食事に関しては厳しく躾けています
好き嫌いなんて論外、そんなことは自分で稼げるようになってから言え!とよく言います(笑)
食事のマナーはもちろん、食べ物に対する姿勢に人間性が現れると思っています
何でも美味しく頂けることに感謝したり、世界の食糧事情を考えられるにはまだまだですが、食べ物を粗末にしないというのは小さいうちから教えられますもんね

娘さんも身にしみたことでしょう
レストランで平気で残したり、料理をするときに食材を無駄にする女性なんて最低ですもんね!

2008/09/12(金) 15:49 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
chaacさん

もうすぐ赤ちゃん誕生ですよね。ちなみにうちの弟夫婦、明日ベビーが誕生するそうです。
子供の性格を見極める・・・・、スンゴイ冷静になって、じーっと観察していると、かなりよく分かりますよ。もっとも、だからと言って上手く育てられるかと言うと、別問題なんですけどね。自分と相当異なった性格で生まれてくるので、子供と言えども一人の人間なんだなと感じる事が出来て、結構新鮮な驚きがあったりします。

あっちゃんさん

えっと、今回引っ叩いた理由、娘も相当良く分かっているので、その点でなんとか大丈夫の範囲内の体罰だったかと思います。
それにしても、「特に女の子は気丈に見えて内心とってもデリケートですから!」と言うコメント、そうだった、女性は男とは別の生き物だというのを忘れるところでした。やっぱ女を叩くのは良くないなあ。

reeさん

お尻叩きなんですけどね、うちの娘に唯一やっていた体罰がこれだったんですよ。でも、まーったく効果なし。次男がボコボコにやられるのに、あたしはこの程度しかやられないと、そうなめてかかっいたようです。
ま、でも娘、かなり上2人の行動を観察していて、叩かれないようにするのが、上手です。

あーちゃんさん

「世の中で一番怖いのは母親だと思っていてくれたらいいなという思いもあります」・・・そうですね。そしてそれと同時に、一番優しい存在も母親、と言うのが理想ですね。(にしても、あーちゃんさん、恐そ・笑)
あ、レストランで平気で大量に残す家族とか、たまに見ますよね。あれみると、スンごくガックリきますね。まあ人様の家の教育方針なので、別のところで締めているのかもしれませんけど、やっぱりどうしても抵抗があるんですよねえ。
やはり食事はすべてに通じる基本なんで、それをないがしろにしてはならないって、やっぱりそう感じますねえ。
2008/09/12(金) 20:34 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/438-2a1729ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。