3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

明日のホワイトデーに、九州行のブルートレインが、ついに廃止となる。僕は、子供らの学校を臨時休暇にして、昨年12月の閑散期に、行き「富士」、帰り「はやぶさ」のB寝台の旅を楽しんできた。

まだ忘れてないだろうな!?」と確認したところ、子供らは「超おもろかった、絶対忘れないよ!」との返答だったので、嬉しい。

次男は、「今度は、レストランの付いてるブルートレインに乗りたい」との要望を出してきた。今や食堂車は極めて貴重な存在で、北海道行きの寝台車にしか付いていない。オマケにディナーを食すと、一人5500円、ないしは7800円もするため、一家で行くと、鼻血が出そうになる。

 ⇒
北斗星の食堂車のメニュー

が、日本で食堂車を体験する機会など、もう消えてなくなってしまいそうなので、「来年、乗ろうか!」と言う事になった。

それしにても、九州行のブルートレイン、食堂車どころか、存在そのものが無くなってしまうのだから寂しい

僕の好きなミュージカル・
キャッツの中で、最も人気のあるのは「鉄道猫」が歌うシーンである。

夜行列車の旅は素敵。暗闇の向こうに、ほのかに霞んで見える、優しい街灯り・・・・」と歌いかけるシーンを見聞きすると、なぜか涙が出そうになる。

鉄道猫の曲を聞いても、夜行列車の素晴らしさを分かってくれている人は、ドンドン減っていっちゃうんだろうな。

みなさん!数少ない貴重な寝台列車を少しでも残すために、旅の機会があれば、片道でもいいので、ぜひ乗るようにしましょう!

きっと今までとは違った、心に残る旅になるはずです。

一家で九州に行った帰りのブルートレインの夜の車窓を、娘と二人で眺めました。ちょうど12月だったので、たくさんの家々が、電飾で飾られていました。

あー!キレ~イ!」と言って、光り輝くクリスマスツリーを指折り数えていた娘の姿を、僕は一生忘れる事は無いでしょう。

ブルートレインからの、僕へのクリスマスプレゼントでした

●鉄道ファン向け動画です

●夜に追記:本日が最終出発日となります。生中継の様子です。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

●「口座開設・キャッシュバックキャンペーン徹底比較ガイド」・・・お得情報がぎっしり!・・・・キャンペーン情報盛りだくさん!あらゆる手段で、現金を獲得!

マネーパートナーズFXキャンペーン:口座開設だけで、全員に現金3000円くれます
インヴァスト証券CFDキャンペーン:口座開設だけで、全員に商品券1000円くれます

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
西村京太郎の本で、列車の名前だけは知ってたけど、廃止になってしまうのって寂しいですね~。
2009/03/13(金) 23:54 | URL | ree #-[ 編集]
福岡ではブルートレインの特集があってましたよ。
私はそんなに電車好きではないので普通に見てましたが。

ちなみに阿蘇に行った塾長さんにお知らせすると、今日は阿蘇の大火文字焼きのイベントがあるんですよ。
それと花火大会もあるので、私は今から阿蘇に行ってきます。

※阿蘇の火祭り
http://www.aso.ne.jp/~koiki/03_event/himaturi.html

2009/03/14(土) 11:16 | URL | にっしー #oRooDVwU[ 編集]
reeさん

さびしいですねー。でも、実際に乗る人いないんですから、廃止もやむを得ないでしょうね。
1本くらいは、日本にも残ってほしいです。

にっしーさん

そんな行事が有るんですね。初めて知りました。今から阿蘇に行ってきますと、気軽に阿蘇に行けるのが凄いというか面白いというか。
あ、リンク先のHP、黒背景に白文字でなくて、その逆にしてほしいです・笑。黒背景にするようなサイトではないですよね。
2009/03/14(土) 17:27 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/588-ec5924da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。