3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

去年、次男に「年間50冊の読書をさせる」事を目標にして、もう1年。

結果は、大変満足すべきものでした!!

我が家は例によってテレビが見れない(アンテナ故障のまま修理せず、早、2年・・・くらいだったかな?)ので、子供らは帰宅すると、宿題やって、塾に行く以外は、飯食うか、風呂入るか、あとは本でも読むくらいしか、娯楽が無い。(あ、ゲームはやってるな)

この環境が非常に幸いして、次男、娘とも、恐ろしく読書をするようになった。

最初はアマゾンで中古を買おうと思ったが、とてもではないが財政的に続く訳がなく、しかも本をストックするスペースも無い。大半の本は一、二度、読んでオシマイだから、環境的にもよろしくない。

と言う事で、毎週数日、僕の図書館通いが始まった

たいがい昼間に行くから、おそらく図書館の職員さんも、「一体この男は、何の仕事をしてるんだ??」と思ってるに違いない。

読書と言うのは、今のような時代にあっては、本当に必須と言っても良いくらい、読ませる環境に子供を持っていかないと、読まない。

最もいけないのがテレビをダラダラ見ること。

特に民放番組は、一日のうち3分の2くらいが、ほとんど不要とも言ってもいいレベルの番組ばかりで、そう言うのを無目的にダラ~っと見るのは、よろしくない。

テレビと言う仕組みの最も面白い部分は、「努力しなくても、誰でももれなく全員、100%、大人になってからでも十分、見る習慣が身に付く」と言う事。

それに対し、全く読書をしないで成長した大人が、大人になってから読書の習慣がつくかどうかというと、それはなかなか難しいんじゃないかと思う。

また、言うまでも無い事だが、読書は「自分から情報を取りに行く行為」であり、そこに書かれた事を「自分の頭で映像化し」、その上で「筆者の言わんとしている事を考え」、さらに「それを自分としてどのように考えるか?」を常に意識させられる。

こう言う訓練のような習慣は、小さいうちから取り組んだ方が、断然良いはず。

自分で情報をかみ砕く訓練だとすると、テレビよりもはるかにインターネットの世界と近いような気がする。

さて、能書きはこれくらいにして、子供たちが達成した数字は、


次男105冊!
235冊!


二人とも、努力賞に相当する賞状をもらってきました!

特に次男は自分でも「それなりに頑張ったぞ」と実感しているようで、こう言う事の積み重ねが、後に何らかの分野で大きく差が付く(と言うより花開く)結果につながると思う。

ちなみに、読ませた本は

日本や世界の文学作品
 (ああ無情、なんてのを読んだのは、もしかしたらウチの息子だけかも?)
偉人伝
 (私でも知らないような人、例えばツツ大司教とか、ワレンバーグとかも)
・少年王ツタンカーメンのような、科学の心が刺激されるような本

などなど。

娘のクラスでは、800冊とか読んだ人もいるようだけど、たぶん、相当簡単な本を読ませてる。例えば絵本とか、そんな感じの。

我が家は量より質を重視したセレクト。小学1年生ながら、3年~4年レベルの本まで読めるようになったので、親としても、ここまで子供の能力は伸びるのか!と大いに驚いた。

4月に入り、今年度も昨年度同様、同じペースで読書をさせようと考えている。

今年の課題は、読んだ後に、適度に読書感想文を書かせる、と言う事

この作業は、より一層脳に刺激を与える事となるだろう。読むのと書くのでは大違い。読む量は減るかも知れぬが、頻繁に作文やらされると言うのも、絶対に無駄にはならないと思う。

あ、そうそう、1年間合計340冊の本のお世話になった事になります。

1冊800円くらいとすると、なんと27万2000円分もの金額を、図書館でタダで、読ませていただきました。本当に素晴らしい事です。この金額相当分、子供たちに「投資」した事になりますね。

(ただし、子供への教育ほどリスク、つまり不確実性の高い投資はありませんけど・笑)

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

ETC車載器を、無料で確実に入手する方法はコチラ

●「口座開設・キャッシュバックキャンペーン徹底比較ガイド」・・・お得情報がぎっしり!・・・・キャンペーン情報盛りだくさん!あらゆる手段で、現金を獲得!
インヴァスト証券CFDキャンペーン:口座開設だけで、全員に商品券1000円くれます

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
部屋にテレビがありますが、ゲーム以外は"見る"ではなく、"聞く"になってますね。
なので、テレビを"聞き"ながらネットや本を読んだりしてます。

50冊は難しい・・・
私の場合は金融・経済とか自己啓発が主なので、読めても30冊くらいでしょうか。
週刊誌や月刊誌は数に入らないのが残念(笑)
2009/04/05(日) 20:28 | URL | にっしー #oRooDVwU[ 編集]
私は小学校の頃、学校図書館によく通ってました。
我が家は平日はテレビもゲームも禁止。
子供達は学校図書館や、郡の図書館からよく借りて読んでますよ。
2009/04/05(日) 22:37 | URL | ree #-[ 編集]
塾長さん
人間にとって読書は大事だと思います。そのためには、やはり小さい頃から本と向き合っていれば抵抗はないでしょうね。
そういえばね、「12歳の文学賞」をチビが小5の時にプレゼントしたことを想い出しました。
2009/04/06(月) 00:32 | URL | a_k_k_o #-[ 編集]
にっしーさん

大人で50冊は難しいですよね。以前の僕は営業マンだったので、移動中の電車の時間を利用すれば、もしかしたら100冊行けたかもしれません。子どもに読ませときながら、親はあまり本を読まないといった、少々よろしくない事になってます。

reeさん

あれ?今現在、テレビとゲーム禁止なのかな? 昔の事?
ゲームも問題ですよね。ゲームするくらいなら、自分でゲームを作れ!と言って、そういう方面に仕向けるのなら、良いかもしれないっすね。

a_k_k_oさん

12歳の文学賞・・・・なんだろう、これ。有名なのかな?非常に気になるので、今度調べて、買うか借りるかしてみます。
小説家って、凄いですよね。うちらはただ読むだけですが、あれを「書く」んですから、頭が下がります。

モス姉さん

コメント、いただきましたよね!?
間違って、削除しちゃったみたいです。ごめんなさい。
たまに、やらかします。
今まで間違えて削除してしまったその他の皆様にももう一度、すみませんでした。
2009/04/06(月) 18:34 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/605-d57e081f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。