3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

今日は、メシの記録から。

朝食兼昼食

 0906061.jpg

昨晩の夕食、煮込みハンバーグの残り。子供たちはハンバーグが好きだね。甘く作り過ぎた・・・。

夕食

 0906063.gif

春野菜とシーフードのパスタ、それとブロッコリーのふりかけまぶし。デザートにアンデスメロン。米主体の塾長家にしては珍しくパスタ。美味いです。

本日購入した食材

 0906062.gif

・シーフードミックス2袋:796円
・ブロッコリー(見切り品):35円
・イチゴ2パック:160円
・そら豆:213円
・トマト:130円

合計金額は1442円でした


さて、次男が学校で法隆寺の事を聞いてきたらしく、「知ってる?」と質問してきた。もちろん、大人なので知ってる。「世界最古の木造建築だよ」、と言ったら、「世界遺産なんでしょ?」と。

「そうだよ。法隆寺かー。久しぶりに行きたいな。来週あたり、行こっか??」と、半ば本気に考え始めたところ、次男、「お父さん、行くんだったらさあ、あれ、なんて言ったっけ?世界遺産の、ナントカ王国、そこがいい」。

僕:「ナントカ王国? クリスタルスカルの王宮か?」
次男:「違うよ!日本でだよ。確かー、・・・・、ナントカ王国
僕:「日本にそんなもんが有る訳ないでしょ。外国の間違いじゃない?」
次男:「いや、確かに日本にあるんだ」
僕:「????」

しばし考える。1分後。

 

僕:「あー!!分かった!!琉球王国だろ!?
次男:「そうそう!それ!!」
僕:「しかしなー、沖縄は遠すぎるよなー。しかも、遠い分お金がかかる。そのうち行く事にしよう」
次男:「そうかー」

と無念の会話。

しかし、である。

良く考えると、沖縄にはドラッグストアのそよかぜさんがいらっしゃる。そよかぜさんとは共同で「登録販売者」のサイトを作っているが、実際にお目にかかった事は無い。

最近は広告収入も増えて来ている。お金のやりとりをしているのに、一度も挨拶をしていないと言うのは、ビジネス慣行上、なんかおかしい

今後もパートナーシップを維持してゆくために、ここは一度、出張しなくてはいけないんではないか?と気づいた。つまり、僕にとっては旅行ではなく、キチンと経費を計上したビジネストリップである。

なおかつ、沖縄モノレールと言う、日本最南端の鉄道を取材、鉄道の見えるホテルに宿泊すれば、ダブルで仕事ができる事になる。どう考えても、これは旅ではなく、出張だ

と言う事で、急に沖縄に行きたくなってきた本日なのであった。

ちなみに、沖縄は遠いところである。遠さを実感するには、ヒコーキで行ってはならない。陸路はるばる、鉄道と船を乗り継ぎ、沖縄に行く事にしよう。

きっと次男は、「沖縄までの距離感」を体でつかむ事が出来るだろう。こんな遠いところだからこそ、米軍基地を放置しても本土の人間は平気でいられるというのを、いずれ分かるようになるためにも、飛行機で一っ飛びしてはならない。

とか言ってるが、まあ僕が鉄道が好きだから、と言うのが理由である。帰りも、鉄道で帰ろう・笑。

次男と二人、きっと楽しい、そして一生の思い出になるような「出張」にしよう!

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです


塾長おススメ

東京ディズニーリゾートパスポート2枚(11600円分)、全員もれなくプレゼントキャンペーン
●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
お目にかかれたら私も嬉しいデス
是非一度お越しください

陸路と船ですか・・
何日かかるんだろう・・(笑)
2009/06/06(土) 22:40 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
そよかぜさん

機会があれば、是非とも沖縄には行きたいです。
ちなみに、陸路1日、海路1日で、丸々たっぷり2日かかります。
帰りはヒコーキになりそうです。
2009/06/08(月) 21:06 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/657-eecf1df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。