3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

4日間に渡る東京出張を終えて、田舎に戻ってきた。やった事と言えば、

・元GE社員のファミリー宅でたくさんおしゃべり
・アクセストレードとバリューコマースで打ち合わせ
セゾン投信にふらりと立ち寄り(ちょっと確認したい点が有ったので)
・不動産屋で物件探し
・アフィリエイターさんと飲み会をやって終電間に合わず
・一番の目的、バンガードの加藤さんへの取材

気力・体力の大半を使い果たして、今日は寝る必要があるが、バンガードさんに行ったという事実だけでも書いておかねばならない。

そう、今日の午前10時に、バンガードジャパンさんに行って来た。セゾン投信がタワーのてっぺんまでエレベーターで運んでくれるのに対し、バンガードジャパンは、急坂を登ってから迷路のような小道を左にキリスト教会、右に天理教会をを眺め、およそ世界の巨大金融機関とは思えぬロケーションに右往左往して、ようやくたどり着いた。「急がないで歩こう」・・・・どこかで聞いた事のあるキャッチフレーズが、頭をよぎった。

汗を拭きつつ会議室で待っていると、登場したのは、俳優の小日向文世に瓜二つの、実物の加藤さんなのであった。

普通、会社の経営者の方は、謙虚で謙遜する方が多い。がしかし、「小日向文世さんにそっくりですね!!」と驚きの声をあげると、「そうなんですよー、良く言われるんです」と、全く否定せず。自他共に認める、小日向文世さんなのであった。

 090617.gif
               (僕が手にしているのは、ジョン・ボーグル人形)

対談は2時間近くにも及び、3分の1が、加藤さんと僕に共通している感のあるスローライフ、ロハスな生活について

この話題で会話していたら、もう金融の話などどうでも良くなってオシマイにしようかと思ったけど、それでは一体何のためにここまで来たのか分からぬ。

と言う事で、頑張って聞いてきた。

肝心の中身は、別途投資信託サイトにてご報告したいと思う。ただし、このサイトはアフィリエイト広告を配信しているサイト、つまり「広告屋」のサイトにバンガードのブランド名が露出する事になるので、金商法をはじめとして最大限のコンプライアンス上の確認、さらに、バンガードのブランド価値を棄損しないような注意点などもあって、サイト化には10日前後の日数が必要になるかも知れない。そこは、待って頂ければと思う。

1点だけ、すぐに告知してもいいよ、という話題が有ったので、それはブログにて今書きます。

バンガードジャパンのホームページが、7月の早い時期にリニューアルされるそうです。そこでは、先に行われたバートン
マルキールセミナーの動画やスライドなどがアップされるので、セミナーに参加できなかった方は、ぜひご覧いただければと思います。

バンガードジャパンのHPが分かりにくい。せめてバンガード社の全てのETFの、日本語での詳しい紹介ページが欲しい!」とリクエストを送ったんですが、「日本で発売していない金融商品を紹介する事自体、金商法に引っ掛かる恐れがあり、米国のETFページへのリンクを張る事すら、躊躇している」と言う事で、それは、現状では実現が難しそうでした。

さて最後に気になる写真

 0906172.gif

バンガードさんから、手提げ袋を頂きました。と言うよりは、嫌がるバンガードさんから無理やり収奪してきました

さて、この中には一体、何が入ってるんだろうか??

時間ができたら、ご紹介したいと思います。(もったいぶってスミマセン、今はまだ21時半ですが、もう寝ます)

●飛び込み営業みたいに、「加藤さんに会いたいんです」、などといきなり我儘を言いだした僕。大変なご多忙の中、時間を調整していただいた加藤さん、そして素晴らしい社員さんに、感謝申し上げます。生まれ変わったら働きたい会社、の一つになりました。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/666-8f601d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。