3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

今回東京に行って、感じるところが有った。

それは、フラッシュバックをやり過ごす事
が出来るようになった、という点。

親しい人が死んでしまった時、何カ月にもわたって故人の生前の生きる様子が、急に脳裏に浮かんでくると言った経験は、どなたもお有りだろうかと思う。

しかし、愛する妻や親しい家族、親友などを、自殺や他殺で亡くした場合、脳裏に浮かぶ、と言ったレベルとは異なる体験を強制される事になる。

いわゆるフラッシュバック体験、と言うもので、体験した人にしか理解できぬほど、凄い

妻が死んでしまってからの数か月、ひどい時には数分単位で起こるフラッシュバックに、苦しめられた。通勤の行き帰りに通る商店街に、妻が映像となって現れる。電車から見える荒川の土手に、妻が映像となって子供と戯れる。

こう言うのが突然、何の前触れもなく出現する。自分はそれをコントロールしようと、耳をふさいで、目をつぶって、その場にしゃがみこみそうになる。でも、人前でそんな事は出来ないから、必死にそうならないようにも、する。

目をつぶったって耳をふさいだって、脳内に映像が再生されるんだから、全くそれは無意味である。

従って、フラッシュバックを受けるごとに、ドンドン自分の精神が蝕まれて行って、その他の外的な要因も相まって、ついには抑うつ状態に至った。

フラッシュバックが起きない場所。それは2か所、存在した。

一つめは会社のオフィス。仕事場に、妻と二人だけの思い出は無い。映像が再生されないから、会社に着くと、ホッとした

ところが、抑うつ状態の人間がニコニコお客さんと会話をしなくてはならない疲労感も、尋常ではない。同僚と話すのも苦しいのに、お客さんに不快な思いをさせないように話すのは、大変だ。

それで、のっぴきならないところまで行きそうになったので、仕事を休んで、もう一つの「思い出の無い地」である、茨城県の実家に、移り住んだ。家のすぐ前に広がる森の木々が、毎日少しずつ、僕を癒した

妻が亡くなってから、何年になるのだろう・・・・。

僕にはそれが、思い出せない。衝撃の凄さに、当時の記憶が、混濁しているからだ。

プロテスタントの牧師さんが言っていた。「辛い状況から脱するには、1年から2年くらいかかりますよ。焦る必要は、無いんですよ。」と。

どうやらそれは本当だったようで、死因が死因なので多少の遅れもあって、たぶん3年くらいで立ち直ったと思う。

そして今回、東京の地元である堀切菖蒲園の商店街で、菖蒲祭りが開催されている現場を見て、フラッシュバックが起こった。

しかし、もう一切、それに惑わされる事が無くなっている自分の心に、感動を覚えた。

フラッシュバックをやり過ごす事が出来るようになった事に、感動した。

むしろ、フラッシュバックが起きる事を、嬉しい、と感じる事が出来るようになっていた

だって、フラッシュバックが起きてくれると、日常生活では二度と思いださないような記憶、もうすっかり忘却してしまったと思っていた映像を、脳がキチンと動画にして再生して、見せてくれるんだから。

フラッシュバックに苛まれている人は、多いと思う。

でも、大丈夫! 時間がそれを、解決してくれます。僕も立ち直ったのだから、みんなも同じように、ちゃんと回復するから、焦らないで。

バンガードの加藤さんと話をしてから、今の僕の精神状態で引き起こるフラッシュバックの事を、パッシブフラッシュバック、と呼ぶ事にした。

フラッシュバックを、コントロールしてはならない。思い出してしまう事は、抑えつけずに、思い出すままにする。これは仏教の、禅の教えにも通じる。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
フラッシュバックに悩んでいてこのブログに辿り着きました。

私はおそらく発達障害のある人間なのですが、長年・およそ10年間フラッシュバックに悩まされています。
色んな方のフラッシュバックの解決法、やり過ごし方を拝見してきましたが、貴方様の文章を読んで少しホッとしました。

フラッシュバックの起こる状況やシステムが違うかも知れませんが、問題を解決された後のFBが起こってしまった時の考え方がとても穏やかなもので、読了後にこちらの心にも穏やかさが戻りました。
私も記憶力の良い頭だな、位に思えるよう自分を追い詰めないよう気を付けようと思います。
ありがとうございました。
2013/02/18(月) 23:05 | URL | moztao #zFita3DY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/667-c677a388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。