3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

今日はちょいと、ネガティブ感の漂う話。

昨日、韓国MBC放送局のスタッフ2人が来て、テレビ取材が有った。その前日夜、先方から電話があって、「明日、スーパーで買い物しているところも撮りたいんですけど、スーパーの許可を取らないと、まずいですよね?」とのお話。

「そりゃー、まずいっすよ!」と言う事で、何でかしらないが、僕がスーパーに、許可を取りに行く事となった。これが日本のテレビ局なら、「知らないっすよ!許可とっといてくださいね!」で電話を切ってしまうんだが、わざわざ韓国から来日しての取材なので、僕が許可を取ってあげましょう、と言う事になった。

あくる朝、「めんどっちいな~」と思いつつ、スーパーのレジのお姉ちゃんに、「スイマセン、テレビの取材をお願いしたいんですけど、社員さん、いらっしゃいます?」と聞いて、管理職クラスの社員を呼んできてもらった。

普通、「テレビの取材をお願いしたいんですが」、と言う話を聞いたら、どう感じるだろうか?

一般的には、「お!ウチのスーパーがテレビに映るんだ!」とか、「スーパーのブランド価値が上がるかも!」とか、「パートの社員さんなんかも一緒に写してもらったら、士気が上がるかも」とか、なんとなく積極的な、前向きな反応が有るんではないかと思う。

ところが応対してくれた管理職社員氏、ニコリともせず、「本部を通してもらえますか」、の一言。

言われてみればその通りで、こちらもうっかりしていたが、「わざわざありがとうございます」とか、「お疲れ様です」とか、そんなお言葉も無し。

ややガクッと来つつも、「では、本部のどなたにお話を通せばいいんでしょうか?」と、聞いてみたところ、「いや、それも本部に聞いて下さい。僕、良く分かんないんですよね」と、真顔で回答。

このお方、おそらく年齢は30代半ばくらいと思われる。もうイッチョマエな男に、「僕、分かんないんです」と正面切って言われると、正直、面食らう。

ちなみにこの言葉、「分かりません」は、我が家で発すると、こう言うシーンが展開される。



お願いしているのは僕なんだからと、グッと、修正したい気持ちをこらえつつ、「すみません、そうしたら、店長を呼んでいただけませんか?」とお願いしてみた(つまり、目の前のあなたでは話になりません、と言う事っすね)。

そしたら、無情にも、「店長は今日、休みです」。・・・・これでオシマイ。

この男性社員、僕は毎日このスーパーを利用しているから知っているが、仕事をサボっているのを見た事が無いくらい、真面目な社員さんである。品出しやレジ打ちなど、大変熱心に働いているのに、感心していた。

が、「取材したいんですけど」、と言う ちょっとした変化球に、全く対応できないのであった

スーパーマーケットは今、激烈な競争を繰り広げている。毎日毎日朝から晩まで働いても、正直、大した給料を貰えない業種だ。「何でこんなに一生懸命働いているのに、給料が増えないんだろうか?」 ・・・・まさに、
竹中平蔵さんの講演会でのお話が、僕の脳裏をよぎる。

そんなスーパーでのお買い物シーンを撮影するスタッフは、この現場に縁もゆかりもない韓国人が二人。この二人と僕も、何の接点も無かった。

が、IT革命の象徴みたいな出来事だが、このブログを、このスタッフが韓国から、見ていたのだった。
フロリダのreeさんのように、太平洋を飛び越えて交流させていただいているのと同じように、日本海を飛び越えて、知らない人同士がブログでつながり、はるばる日本にやってきて(いや、今やソウルはちょいとひと飛びだ)、私のいる茨城の片田舎に来たと言う訳だ。

こう言う現象を見ると、ITと言う道具を通じて、今や完全に世界が連動しているのが良く分かる。しかも、数日前に連絡したきただけて、速攻で日本にやってくる行動力と言うか図々しさと言うか、久しぶりに世界の鼓動を感じた

ちなみに、来日したスタッフの一人は6年半、日本に滞在経験があり、もう一人は、半年間、アメリカに滞在経験があるそうだ。見た目は思いっきり韓国人だが、この人たちは、正真正銘の国際人である。たぶん、どんな変化にも付いていけるんじゃないかと思う。

そうそう、6年半の滞在経験のある写真の黄色い服をきたお姉さん、本来はMBC社内で、デザイナーをやっているそうだ。だが、今回の日本取材にあたり、「お前は日本語ができるから、すべてコーディネイトして、日本に行って来い!」との社命を受け、全く本来の仕事でない事をやらされていると、ボヤいていた。

 MBC1.gif

段取りが悪いのも、本来の仕事と違う事をしているかららしい・笑。

だけど、全然違う仕事をやらされても、それをきちんと(嫌々ながらも?)受け止めて、堂々と行動している姿に、とても感銘を受けた。日本は今、こういう人たちと、国際的に競争を強いられている。

日本で毎日毎日、いくら一生懸命仕事をやろうが、額に汗して働こうが、世の中が一昔前と大きく変わってしまっているので、付加価値が上がらない限り、給料など上がらないのである。

今回、対応にあたってくれた店員さんを見ていて、ふと思った。

中国とか韓国あたりのローコストな人材を使って、日本でスーパーを開業したら、面白いんじゃないか?と。

もちろん素人の浅はかな考え方だが、本社は税率の低い国外、で、品揃えよりも、売れ筋の商品を大量に、安く販売するようなユニクロみたいなスタイルにして、ただし、商品の展示のスタイルなんかは、日本とほとんど同じようにする。

店員はもちろん、どこの国の人でもオーケー。

まあ、スーパーマーケットほどドメスティックな業態も無いと思われるから、失敗する可能性が大だな・笑。ウォルマートとか、何回やっても日本で成功しないし。(けれども、明日以降成功しない保証はない)

スーパーマーケット。ローマ字入力に失敗したら、「スーパー負けっと」、と変換されてしまった。ルーチンワークではなくて、常に頭で考えながら仕事をする、そういう働き方が気づきにつながり、想像力となる、これが日本の生きる道なんだろうな。

あ、スーパーの取材、結局は本部に電話で直訴して、話の良く分かる人に応対してもらったら、わずか10分で通りました。出来る人も、ちゃんといるんですね。最初からそうすれば良かったんだけど、遠回りをしたおかげで、いろいろ考える事ができました。

(⇒関連記事:
アパホテル大阪天満の素晴らしいホテルウーマン

なんか、男性よりも女性の方ができる人が多いように見えるのは、気のせいなんだろうか??

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】

東京ディズニーリゾートパスポート2枚(11600円分)、全員もれなくプレゼントキャンペーン
DMM-FX、たった1回の取引で、現金1万円が貰えます!
●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
我が家も、わからない、知らない、出来ない、無理…などは禁句です
わからないことは調べろ!、出来ないならどうすれば出来るか考えろ!、出来るまでやれ!…という訳です

「店長は休みです…」で終わるような大人にはなって欲しくないので(笑)
店長がいないからこそチャンスだ!とは思わないんでしょうかね
自分ひとりの時に限って面倒だって感じかな?
この店員さんも、学校では優等生だったんじゃないかなと思います

こういうことって、子どもの時からの積み重ねですよね
心して子育てします(笑)
2009/07/15(水) 16:15 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
この番組の映像は貰えるんでしょうか。
貰っても韓国語で何を言ってるのか分からないか(笑)

塾長さんのとこはご飯にトウモロコシが並ぶのですね。
うちは醤油を付けてお菓子代わりになっています。
2009/07/15(水) 20:27 | URL | にっしー #oRooDVwU[ 編集]
名前を出していただいてありがとうございます。
あれ?これってガンダム?

前から思ってたんですが、日本ってサービス業のサービスは恐らく世界一丁寧でいいと思うんですが、お金を出さない人、つまりお客様以外には結構態度がでかいんですよね。
スタイリストのアシスタント時代、洋服を借りに行くと大抵横柄ですもん。
宣伝にもなるのに、ねぇ。
2009/07/16(木) 05:03 | URL | ree #-[ 編集]
あーちゃんさん

社会人になって、「分かんないんです」は特に禁句ですね。思考停止系キーワード、と僕は呼んでいるんですが、ほんとに、絶対に口にしてはいけない言葉です。
店長がいないからこそチャンス、それもそうですよね。気が付きませんでしたが、確かにそう。品出しやレジ打ちなどは、非正規社員でも、十分できるのであります。

にっしーさん

トウモロコシは、いつもは食後に食べますね、デザートとして。テレビ用に、ちょっと食卓を豊かな雰囲気にするために、あえて出しています。醤油をつけて焼く・・・・忘れてた!それ、最高に美味いんですよね。今度やります!

reeさん

Zガンダムの一シーンです。シャアが若い主人公にぶん殴られるシーンで、シャアファンは皆、ムカついたシーンで有名です。
「買ってくれる顧客」のように分かりやすいものには対応できるけれども、「宣伝効果のある人」が、これも顧客の一種であるというのに、気がつかないんでしょうね。
2009/07/16(木) 09:19 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/690-e14c22b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。