3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

前に飲んでいた時、「そんなにお金を貯めて、ドーするんですか?」と質問された。

究極の質問だー! と思った。

何でお金を貯めようとするんだろうか?

やっぱり将来に対する漠然とした、しかも強い不安が有ることは確かだなあと思った。20年後に2人の若者が1人の老人を支える、30年後は1人の若者が1人の老人を支える、と聞いた事が有る。

そんな状態が現実的にあり得るのか? 日本の将来に思いを馳せる時、いい知れない恐怖感を感じる。このまま行くと、日本という国は本当に座して死を待つのみではないか?と思う時が多い。

30年後と言えば、僕が老後で寝たきりになっているかも知れない。

そんな時に支えてくれる若者がいない国、というのはあまりにも怖い。

支える方も猛烈にシンドイだろう。収入の多くを税金で持っていかれるかも知れぬ。と言うより、その時はようやくにして日本が破たん状態になって、急激に生活の質が劣化しているかも知れない。

そんな事を考えると、やはりお金を貯めておこうと言うバイアスが相当に高まる。

実は、子供らに英語を習わせて、高校時には1年間問答無用で海外留学させようと考えるのは、30年後の日本をイメージしているからでもある

3人の子供たちを諸外国に送りだし、そこで定住させれば、「イザと言う時、日本から逃げ出す事が出来る」かも知れない。日本を逃げ出す選択肢が有るか無いか、そういう能力を身につけさせる事ができるかどうか?

これは、これからの日本と言う国で教育する時の、一つのポイントだと思う。

老人ばかりになって、若者の社会保障負担が極限までキツクなって、移民も頑なに受け入れない国にしがみつくリスクも、考えときゃならない。

そう思うと、お金はどうしても、絶対に必要だと思う。

アニメのワンピースを見ていると、「大航海時代」というキャッチフレーズが有る。そう、これから日本を逃げ出す大航海が始まるかも知れない。

自分の老後と子供の将来を考えると、やはりお金を貯めておかないと怖いのである。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】

子供のために30年後を見据えた長期投資! ゆったり自然体でドタバタしない

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(僕のメインの資産運用先)

僕も15万円をキャッシュバックしてもらいました!

口座開設キャンペーン比較ガイド(こんな方法もあるんです!)

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
あれ、何?が続く話題なんですね。

我が家では、子供にお金を残そうとは思わないけど(その辺がアメリカ的考え)、大学まではきっちり出したいので、高齢で子供を持った私達。
その頃一番収入に問題が出てくる時なので、今のうちに備えて置きたいし、子供の手を煩わせるのは嫌、って言うより、将来の子供の配偶者に気を使うのは嫌なので、それなりの施設に入りたいな、って考えてるのでその為かな。

お金がないと人生、話にならないのが事実でもありますよね。
特に老後。
2009/08/26(水) 22:56 | URL | ree #-[ 編集]
私も最近は言われますよ、『そんなにお金を貯めてどうするんですか?』って。
逆に聞きたい、『なんでお金を貯めないんですか?』って。

昔のように日本がこれ以上、皆が裕福になることはないと思います。
むしろお金に関しては差別は一層広がるでしょう、海外と同じレベルまで達するはず。
老後になれば相当な人間関係がない限り、介護って言う部分では血の繋がらない他人に任せないといけなくなる。
そうなるとお金は絶対必要以上に持ってる方が正解だと思います。
日本にいるにしても海外に移住するにしても考えざる問題ですね。
2009/08/27(木) 03:37 | URL | にっしー #oRooDVwU[ 編集]
自分たち夫婦の老後のためにお金は貯める
子どもたちのためにお金は使う

って感覚ですね

子どもたちにお金を残す気はありません
成人するまでにたっぷり使ってやればいいのです
私たち夫婦は末っ子がハタチになってもまだ40台後半ですので、老後までにはまだ時間があります
でも、その頃日本がどうなってるかわかりませんし、やっぱりお金はあるに越したことはないですね
2009/08/27(木) 10:31 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
私の疑問点は

そんなにお金貯めてどうするんですか?ではなく、
そんなにお金貯めてることを人に知られてどうするんですか?
です。

あまり知られることじゃないんでは????
2009/08/27(木) 12:14 | URL | ポンきち #-[ 編集]
Slowlifeさん

「チャンスを生かす事が出来る人は粛々と準備をしていた人だけ」・・・そうなんですよね、本当にそう思います。まぐれでできる奴なんて、いませんからね。
あ、英語ですが、嫌いにならないように細心の注意を払ってます。なにせ、僕が大の英語嫌いなので、同じ轍は踏ませまいと必死です。

reeさん

アメリカは再チャレンジが可能な国だから、子供に財産を大量に残さなくても良いかもしれませんね。それに引き換えわがニッポン。最も子供に財産を残す人種は、政治家です。政治家は、相続税を支払わなくても良い仕組みになっています。まったく・・・。

にっしーさん

にっしーさん、相変わらずしっかりしていますよね。お金は単なる道具ですから、上手く利用できた方が断然良いですよね。
お金の話をする事で、お金に無関心だった人が救われる、と言う側面があります。
塾長ブログをきっかけに、FPの資格を取った人までいらっしゃるんですよ。今では、会社でフィナンシャルセミナーまで開いてらっしゃるそうです。

あーちゃんさん

成人するまでに、できる範囲でたっぷり使いますよー!もう覚悟を決めつつあります。子供らを外国にほっぽり出すのも、勇気がいります。
長男は、なんだか楽しみ半分不安半分、と言ったところです。

ポンきちさん

コメント、ありがとうございます!
お金をためている事は、親しい人以外には知られていません。今回話した人も、老後は国に頼れない時代が来るから、自分で投資して資金を確保した方が良い、と言う話の流れです。
ただ、お金を貯めてるとか貯めてないとか、別に全部話したところで大した話ではないとも思ってます。所詮は金ですし。
お金は忌み嫌うものでもなんでも無いですから、気軽な感じでお金の貯め方をお互いに情報交換できる方が、有意義であると考えます。
2009/08/27(木) 21:30 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
若い友人でフィリピンに金融の勉強に行ってしまった人がいます。メールのやり取りで将来的にそんな稼いで何に使うのか聞いたところ足ながおじさん的な事をしたいと答えが返って来ました。
彼は元々フィリピンで職歴が少しあり、その後の周遊旅行先で私と知りあったのですが、もう旅にも自由にも飽きて仕事したそうな様子だったので、丁度彼にぴったりな就職案件を持ちかけたところお見合いバッチリ決まったわけです。ドイツの非上場グローバル一流企業の日本支社に仕事が決りました。
出会った場所というのが今は無きバンコクのカオサントラベラーズロッジ下の旅人食堂。その晩は複数でスクンビットのソイカーボーイに出かけました=ゴーゴーバーです。

ラーメン食べたら汁頂戴と本気で言ってる飾らない子で、その後彼はバングラデシュに移動して心底貧しい国を味わい帰国。でもバングラデシュ人って主観的幸福度一位なんですよね。日本人は、どうかしら、、。

そのドイツの企業のIT部門に2年程務めた後、フィリピンにファンドマネージャーの資格を取りに行きました。
就職はシンガポールでするようです。 

とりとめも無い話ですが老後の介護の話よりは夢があると思ってさせてもらいました。 
介護が前提の未来の話なんてイヤじゃないかしらねー。

医療費も最高額更新したのですからもう少し健康に前向きになりましょうよ。 

NHKの百歳百歳には健脚で独り暮らしのお年寄りも沢山いらっしゃいます。






2009/09/06(日) 21:45 | URL | ママ #-[ 編集]
ママさん

夢のある話で素晴らしいですね。
僕は基本、いつも楽天的です。ブログではなるべくネガティブな事を書くように、頑張ってるんです・笑。
実は、幸せネタよりも、不幸ネタの方がアクセスが集まったりなんかします。
ま、そんな事より、僕は110歳くらいまで生きますよ!
2009/09/07(月) 09:48 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
塾長さんはバランスが取れた方だと思いますから。小泉支持のところで安心しました。ずっと民主党かと思っていたので。

私も長命な家系に生まれ現在の豊富な各種情報で百歳には軽いかなと楽天的にイメージしてます。

長命に伴いお金の算段は勿論ですが、私は時間の使い方について去年あたり本気で悩みました。長ーい時間があるんですよ。何して過ごしますか? 

妹の話によると浜松町あたりに80歳位のイケイケのOLがいるそうです。毎晩楽しく呑み歩いているようです。

私も豊かな時間を探求中です。


2009/09/07(月) 14:42 | URL | ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/724-8cbbc365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。