3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

まず最初に、ユーチューブの動画から。常念岳山頂から、こんな風に見えます



さて、我々が宿泊したのが常念小屋。今年で90周年を迎える歴史のある山小屋。

疲れて到着した時の、受付のハキハキした女性従業員の対応が、非常に好ましかったな。

一泊2食付きで、大人9500円、子供7500円。もちろん風呂は無いし、相部屋で寝る事になる。これが高いか安いか議論の分かれるところであるが、私は非常に安いと思う。

山小屋の食事はこんな感じ。まずは夕食。次男がムクレテいるのは、「腹が減ってもう死にそう」だから。

 Jonengoya4.gif

メインディッシュのハム、山頂でこんなに美味いもんを食べていいのか?と感じるほどの美味であった(1枚次男に奪われた)。それに生野菜。ビタミンの不足しがちな山登りで、これだけ新鮮な野菜や果物を頂けるのは、本当にありがたい。

ライスも美味いし、みそ汁も美味い。ご飯とみそ汁はお代わり自由なので、存分に体力回復を図る事が出来る。

夜寝る時はこんな感じ。

 Jonengoya3.gif

敷布団に寝袋。寝袋方式の山小屋は初めてだから、ちょっと意外だった。最近の山小屋はこう言う流れなんだろうか? でも、山小屋の中ではトップクラスの寝具の清潔さに満足。

さて、山小屋宿泊で僕が必ず持参するのが耳栓。

そう、山小屋は疲れ果てた男共が、グーグーと恐ろしい轟音を立てて熟睡するので、いびきが苦手な僕は、絶対に耳栓は必需品なのであった。

同室の男性もいびきがすごくて、次男曰く、「12時まで眠れなくて、泣きそうになった」との事。

男女別に分ける心遣いも嬉しいが、いびきの有無でも部屋を割り当てて欲しいと切に願う。

さて翌朝は土砂降りの雨。これだけ本格的な雨に会うのは、山登り歴でも20年ぶりくらいか。それでも、朝食が出れば、モリモリと頂く。次男がまたもムクレテいるのは、寝不足で眠いから・笑。

 Jonengoya1.gif

日本の朝食、と言った風。朝6時なのに、なぜかおかわりしてみっちりと食べる。食後は休憩室でホットコーヒーを注文。なんだか、我が家よりも豊かな暮らしがここには有るなと、そう思った。ウチで見れないテレビが、隔絶された山頂で見れてしまうと言うのも、これまた不思議な感覚。

そう言えば、宿泊した日は北アルプスの穂高岳(常念岳から目と鼻の先)で遭難者救助のヘリが墜落する事故が有った。小屋の従業員さんも無線を取りだし、情報収集に余念が無かった。 (下記の動画は墜落とは関係なし、救助も非常に危険だと言うのが分かります)



小屋でビックリしたのは、日が完全に暮れて、山が真っ暗になってから小屋に到着する人間がいると言う事。平地と違って、山の中は正真正銘の暗闇だ。

若者4人組のパーティーが、7時過ぎ位に到着、さらに遅れて中年男性がまた到着。事情が有ったのかも知れないが、山のルールを無視したような人々にも、従業員は暖かく迎え入れている姿に、感動。

でも、暗闇の中で3000m級の山々を移動するのは、まさしく自殺行為。もしも遭難でもしたら、救助せねばならない。救助も、先のヘリコプターじゃないが、命がけなのである。くれぐれも、山登りは余裕を持った行動を心掛けたいものですね。

余裕と言えば、山小屋は土曜日宿泊は避けた方が賢明です。特に登山シーズンの土曜日は、身動きが取れなくなるほどの大混雑になる場合が有ります。疲れを癒せずに翌日、行動するのは、しんどいし危険です。せっかくの山登り、可能であれば、平日に宿泊すれば、心底からゆったりと、山の良さを味わう事ができます。

ま、そんな事より、常念小屋よ、ありがとう。 (写真は夕暮れ後の常念小屋と、バックに槍ヶ岳)

 Jonengoya2.gif

そして、
2年前の山登りよりも、一回りもふた回りも成長した次男。僕は登りも下りも、付いていくのがやっとでした。子供の成長を感じる事の出来た、素晴らしい山行でありました。

(なお、下山時は土砂降りにつき、一枚も写真はありません。)

 ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】

レジャー代金は、こうして頂いてます

口座開設キャンペーン比較ガイド(先週は25000円も貰いました・汗)

今日が締切です

東京ディズニーランドのパスポート2枚を全員にプレゼント

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
次男くん可愛いすぎです。そのキャラの背景を深読みしたくなります。

上海は長男くんとですよね、そろそろですか? 

私は年末年始のプランを考えながら横目では海南島が気になっています。人気が無いのか有るのか?各種食材の宝庫でありながらローカル物価がハノイよりも安いらしい。ホントに?そして住の海南。長寿の海南。それはリサーチに行かねばです。
広州で陶陶居の飲茶を堪能してから寝台列車での三亜入りをイメージしてます。 

あと厳冬の氷点下20度のハルビンに超防寒武装でのりこみロシアン喫茶でピロシキと紅茶を頂きたいわ。

やはり中国語やらねばです。

私の教材は聞くだけ中国語です(笑) 



2009/09/15(火) 20:55 | URL | ママ #-[ 編集]
脱サラした友達が夫婦で山小屋を開いてたんですが、ペンションと違って、食事も素朴。
だからこそよかったんですよね~。
2009/09/15(火) 21:35 | URL | ree #-[ 編集]
ママさん

ありがとうございます。
「広州で陶陶居の飲茶を堪能してから寝台列車での三亜入りをイメージしてます。」・・・読んでいるだけでワクワクしてくる一文です。
上海は娘を連れて行く予定ですが、叔母も連れて行きます。インフルエンザの影響がそろそろ大きくなっているころかもしれないと言って、難色を示しています。
来年の温かい時期に、エルミタージュ美術館行きに変更になるかもしれません。

reeさん

脱サラで山小屋か~。好きな人には、たまらないでしょうね。
でも山小屋経営は大変そうだなあ。いいお客ばかりでないから、御苦労も多いんだろうなあ。
2009/09/16(水) 20:02 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
旅行プランの妄想は特技の一つでありまして、試算表もチップの額まで書き込んで楽しんでおります。 

叔母さまは画家の方ですよね。エルミタージュは小学一年生には勿体ないですね(笑)記憶は遠いですよ。
 
免疫力を上げていけばインフルエンザは問題ないです。私の周りでも二人ほど発病しましたが成るべくして成ってる生活習慣です。  
上海の空港で迷奇クリームというベストセラーの化粧品が買えるのですが女性のお土産に超お薦めです。 

特に迷奇のアイクリームだと一つ五百円位でその効能は即効お目目が一回りパチリと大きくなります。

婚活予定なら塾長さんも是非使ってみて下さい。元々目のパーツが大きい人は弛みで老化が早いそうですから。


2009/09/17(木) 14:55 | URL | ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/738-45ae5f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。