3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

非常に気の早い事だが、今年読んだブログ記事の中で、一番のお気に入りのものがこちら。

 ⇒
http://plaza.rakuten.co.jp/kabu104/diary/200909010001/

交流させていただいているアフィリエイター、いや、フィナンシャルプランナー、あるいは社労士の先生とお呼びすれば良いのか、とにかくマルチで働ける能力を持った、素晴らしい女性の、じもゆさんの記事。(ちなみに英語もフツーにしゃべれるようです)

密かに、尊敬しています

でも一番感動したのが、上述の記事なんすね。

たまたま塾長さんが出てくるから、と言うつまんない事ではなくて、

夫に「私、幸せ」と言っています

の部分に、非常に感動しました。(ハートマークまで付いてんですから!)

みんな、夫(もしくは妻)に、幸せとか好きか、これからもずっと一緒にいようね(あるいはいてくれ!)とか、ちゃんと言ってます? ここ、非常に大事なところです

僕は妻が死んでから、いかに妻が僕にとって大切な人かを理解しました。でも、そんなの何にもならない。死んでから好きと言ったって、全く意味ないんです。この世で本人に言わないと。

あーしてやれば良かった、こうしてやれば良かったって、ひたすら罪悪感に苛まれて、自分自身が崩壊しそうになるんです。でももしも生きていた間、「幸せだよ」とか、「大好きだよ」とか、そう言う言葉をしょっちゅう言っていれば、全然違う気持ちでいられたと思うんですよね、きっと。

なので、妻がいなくなってからは、自分の命よりも大切と思える唯一の存在、子供たちには、ほぼ毎日、必ず、「大好き系」の言葉をかけるようにしています

間もなく高校生になる長男にも、いくらムカつく事が有ろうとも、「おーい、長男、世の中でお前がいちばん好きだから!」とか、あとは背後からいきなりギューッと抱きしめ(前からやるともう逃げる歳なので)、「あー、お前がいてくれてお父さんは本当に幸せだ~」などと、気色悪いこと言ってます。

(ちなみにこれをやると長男、「あーキモイ、キモイ!」と体が硬直します・笑)

先日、地域の奉仕作業が有って、次男と娘と共に、作業にあたっていました。

作業中、お友達と遊ぶ約束の時間になった次男が、「お父さん、ねえ、行っていい?? 行っちゃうからね??」などと遊びに行こうとした時、いつものように言いました。

「お前がいてくれないと、お父さん寂しいじゃないか。どうしても行きたいと言うなら、チューして!」と。

それを聞いていた近所の奥さん、「塾長さん、いつもそんな事言ってるんですか??

あ、ヤバい、いつも家の中でやってる事を出してしまった、と思いつつ、「ええ、そうですよ。ちゃんとチューしてくれるんですよ」と説明。奥さんは、「へー!そうなんだ!」みたいな感触。

もしも、今まで好きとか幸せとか言っていなかったのなら、今日からでも、わざとらしさ100%でも良いので、試しに言ってみてください。相当、家庭内の雰囲気、なんて言うんだろう、幸福密度が高くなりますよ。

ウチなんて、基本、子供は放置プレイです。しかも、父親が仕事に忙しくて、あるいは単にめんどくさいだけと言う理由から、かなりの家事まで手伝ってもらってます。

感情の赴くままに、口うるさく咎めたりだってします。

けれども、どうにか親子の繋がりを比較的濃密に保っていられる最大の秘訣が、やはり幸せ系、大好き系の言葉がけなんじゃないかって、最近そう思えて仕方が有りません。

女の子って、特にこう言う言葉に反応しますね。

娘も、言ってくれるようになりました。「あのね、○○(娘の名前)、お父さんが世界でいちばん好き」と。

子供、特に3人目にしてようやく生まれた女の子にこういう言葉を言われると、「もう何もいらない!」と心底思えてきます。

はじめの一歩は勇気を持って、そして慣れたら毎日のように言い続けましょう!

好きです! 幸せです! と。

そして、言い続けると、言った本人がドンドン幸せになっていきます。

追記:倦怠期を迎えた夫婦、カップルにも最適な言葉です。好きなのかよく分からなくなった時に、繰り返して好きと言えば、自分も、相手も、お互いに好き同士に戻っていきます。よっぽどの事がない限り。

 ↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾンの中野社長さん、×1ですが、ハッピーな雰囲気、全開の人です。セミナーなどに参加すると、こっちまでハッピーな気分になります。(セミナーと言ってもタダですから、それで幸せ感を味わえるなら、最高ですね)

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
簡単なようで、難しかったりします。子供には素直に言えるのですが、夫には「愛してる」とか「好き」とかの気持ちを、言葉にして出す前に心の中で「照れ」と少し格闘しています。

でも、「幸せ」って言うと、本当にどんどん幸せになっていくような気がします。言霊ってあるのかな。

ところで、びっくりです!じもゆが登場してて。照れくさいけどうれしいです^^




2009/09/30(水) 17:33 | URL | じもゆ #-[ 編集]
じもゆさん

愛してる、という言葉は、ちょっと非日常的すぎて、日本語では変ですよね。日本語ならば、やっぱり「好き」とか「好きだよ」、でしょうね。
あ、照れながら言う、というのは男性からするとたまらなく可愛いと感じるはずなので、旦那さんに言っちゃいましょう!
2009/09/30(水) 21:27 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
家族がみんな元気でいてくれることってすごく幸福なことなんですよね。数日前に父が倒れてそれを痛感しています。もっと話をしてあげればよかったと後悔が後を絶ちません。意識は無くても聞こえていると信じて、ずっと「お父さんお父さん、帰ってきてね」と呼びかけています。

お父さん 死なないで みたいなキーワード検索でたどり着いたのですが、本文を読んだら少し元気づけられました。ありがとうございます。これからも子供たちと幸せな生活を大切に暮らしてください。
2009/09/30(水) 23:05 | URL | 21歳大学生 #-[ 編集]
21歳大学生さん

コメント、ありがとうございます。
そうですか。本当に、お辛い時なんですね。
でもね、一つ言えるのが、愛する人は、どんな事が有っても消える事がない、という事です。
確かに僕の妻は亡くなりました。けれども、死んだのかと言うと、そうでもない。僕の心の中に深く存在して、永遠に生き続けるんです。それに、子供の肉体の半分は、妻の体で出来ている。
死というのは、厳密なものではなくて、非常にファジーなものなんだと、今実感しています。
肉体を捨てて、永遠に生きる、と言いますか。決して宗教とかスピリチュアルな考え方ではありません。
自然に、そんな風に思えるようになりました。
2009/10/01(木) 20:04 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/749-731ba5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。