3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

飲み会話しの続き。上京3日目に、GE時代の同僚と飲みました。ほぼ同期の同僚。

この元同僚、
以前にチラッとブログに登場した事があります。

1000万円以上の給料のところじゃないと、仕事する気しねー」、とのたまっていたコヤツ、しっかりとその希望を実現していました。この大不況下、1000万円をヒョイと超えるサラリーをゲット。しかも、スッチーとおめでた入籍まで。で、久しぶりに飲むか、となった次第。

この同僚、正直、価値観からライフスタイルまで、僕と正反対。なのに何故か気が合うところがあるんすね、不思議な事に。

彼は高級車が大好き。ベンツの最高級クラス、確か、1000万円くらいのやつかな、に乗ってます。対する僕は軽自動車で十分。100万円のやつ、しかも母上からもらったものに乗ってます。一度そのベンツに乗せてもらったけど、ワゴンRより乗り心地が良いなあ、&案外車内が静かで、しかも豪華な感じがするかな?くらいにしか思わない、なんとも乗せ甲斐の無い僕でありました。

彼は女に対する追及度合いも抜群。将来はキャビンアテンダント以外とは絶対に結婚しない!と宣言して、あらゆる伝手を辿ってスッチーとの接点を作り、合コンやりまくって「いい女」をゲットしました。

僕は可愛い可愛くないの判断が出来ない男だし、CAのどこが良いのかさっぱり理解不能だが、ご挨拶にお邪魔した時に奥様を見たら、「うわ!この人キレイ!」と思ったぐらいだから、たぶんかなりの美人です。

あ、合コンも僕は大嫌い。そういう違いもありますね。

まあこんな彼と居酒屋で飲もうとなって、最初に和民に行ったところ、いわゆる庶民のサラリーマンが目の前でかっ騒いでいる姿を見て、一瞬にして彼の機嫌が悪くなった・笑。

彼は、いかにもサラリーマン、みたいな人が死ぬほど嫌いだから、ソッコーで和民を出て、近くの、同様にショボイが案外すいていて会話のできる居酒屋でまったりと飲食。

あ、そうそう、彼が
住んでいるのはここ。駐車場込みで、家賃が30万弱のお値段。え?思ったより安いじゃん、と言う感じ。高級賃貸と言ったら70万くらい、海外の企業幹部が住む所だと100万~200万はするので、それからすると安い。

ちなみにこのマンションには、SMAPの稲垣君と、あとは国生さゆりが住んでいるとの事。リーマンショックの時に、150室くらいの部屋が、サーっと空き家になったらしい。同僚いわく「成り金の住むマンション」と言う事だ。

さて、飲み会の下らないが重要な会話のいくつかをご紹介しよう。

同僚「いやあ、カミサンの調子が激悪くて、妊娠するとあんなもんかね?経験無いから分かんないんだよね。メッチャ部屋暑くしてんのに寒い寒いって言うし、起き上がるのも辛いとか言うし、全然食えなくなっちゃうし、見ていて大丈夫かな?って思うんだよね」

「あー、そんなもんだぜ、妊娠って。ウチも同じだったよ。男には想像つかないくらい、体に負担がかかる事なんで、体の方が母体を休めるために、そういう風に仕向ける、みたいな。ホルモンのバランスも一気に変わるから、男からすると、え??くらいに変わるもんだ」

同僚「そっかー、故郷で出産させようかとも思ったけど、あまりに調子悪いから怖くて移動もできない」
「とにかく、奥さん第一。お前が気楽に、自然にしているのが一番だぞ。あ、掃除から皿洗いまで、全部進んでお前がやるべし」

と、ここは僕がエラそうにアドバイス。

同僚「そういやさ、塾長んちって、月に食費、どのくらいかかってるの?」
「今は月に4,5万ってところかな。5,6万くらいかけている家が一番多いんじゃない?」
同僚「そっかー、うち、家賃払って車のローン払って、で、カミサンが休職して給料入らないから、生活キツイんだよねー」
「っーか、家賃30万弱は高すぎだろ!半額以下のところに引っ越して、差額分を貯金しろよ!」
同僚「そうだよなー、20万位のところに引っ越そうかと思ってる」
「(まだ高すぎ・・・・、10万でもオッケーでしょ)」


同僚「俺さー、車だけでなくて、物欲があるからねー、洋服とかも買っちゃうんだよね、ストレス溜まると」
「えー!?じゃあ着なくなった洋服、いっぱいあるでしょ?ちょうだいちょうだい、俺に。着払いでいいから! あ、洋服以外でもなんでも貰うよ!」
同僚「あ、こないだ大量に捨てちゃったよ。なら今度からあげるわ。椅子とかいろいろ。ところでさ、子供がいると、洋服代も馬鹿にならないっしょ?」
「(ニヤリ)えっとね、子供の洋服は、呆れるくらいみすぼらしくしてる。子供に可愛い洋服なんて、不要だよ」
同僚「いやー、塾長、それは違うぜ、せめて人並なものを着せてやれよ、収入多いんだろ? それ相応のカッコは必要だ」
「俺の収入と子供の恰好は別問題だよ。それにね、みすぼらしいカッコしていると、周りが気の毒に思うの。で、何故かいろんな所から食いもんを頂く事が多いんだよ。金持ちっぽいカッコしてたら、そんなもん頂けないでしょ」
同僚「そーゆーやり方かよ!住んでる地区で一番収入多いくせして!」
「ま、それはそうかもしれないが、地区の住人は、俺の事ニートか何か、あるいは生活に困窮している人だと思ってるはずだよ・笑」
同僚「塾長らしいわ・笑」


「ま、それは冗談として、なんでこんなに節約するのかっていると、子供ら全員を1年間、海外留学させたいんだ」
同僚「あー!なるほど!それはね、絶対必要だよ、それを考えてたんだ」
「当然!将来の子供の選択肢を大きく増やす事が出来るとしたら、今のみすぼらしい服装なんて、どうってことないでしょ?、30年後、日本に働き口がなかったとしても、英語が出来たら世界中どこでも仕事なんて探せるやん。そういう事を考えるのが、親の役目だと思ってるのさ」
同僚「完璧にそれは言えてるね。で、どこに行くの?」
「悩み中なんだけど、安いところでフィジー、本人の希望はオーストラリア、間を取ってどこか英語の通じるアジア圏、東南アジアとかインドあたりもいいかな、って」


同僚(人差し指を俺の前に立てて左右に振って、チッチッチッ、とやって)「塾長、それは止めとけ。トロピカルなところもいいけど、そういう所で過ごすと、ユル~イ人間になっちまうぞ。いいかい?今アメリカがもう駄目だとかみんな言っているけど、そんな事無いから。世界の中心は明らかにアメリカで、奴らはやっぱり凄いから。アメリカ人の英語を聞きとる事が出来たら、世界中の英語なんて楽チンに聞き取れるようになる。アメリカの文化を学びつつ、英語も勉強できる。絶対にそうすべきだな。あるいはイギリスでもいい」
「なるほど、お前に言われると非常に参考になる。ただ、中華圏の文化も知っておいた方が良いかなって」
同僚「どうしてもアジア、っていうならシンガポールだな。あそこは他よりも緩くないし」

ちなみに、アメリカは今駄目なように見えるけど、決してそうではないという事セゾンの忘年会で、中野社長も同じ事言ってました。分かる人には分かる、と言う事なんでしょうね。

「それにしてお前の奥さん、キレイだったなー。おれが女性をキレイと言うのは、珍しいんだぞ」
同僚「何も出ないから・笑。」
「俺はね、将来堀北真希とお茶するのが夢なんだ」
同僚「お茶?それだけでいいの?」
「全然十分・笑。お茶してまったりと会話できればね・笑」
同僚(ちょっと考えてから)「だったら塾長ね、これこれこうやって、こんな風にしてあんな風にすれば、絶対に堀北真希に会えると思うよ」
「おー!こんなくだらない話を真剣に受け止めて、しかもアドバイスまでしてくれるとは思わなかった・笑」
同僚「いや、塾長なら会える。俺だってね、キャビンアテンダントをゲットするのに、努力したもん。やっぱね、情熱だよ、情熱。人間、パッションさえあれば何だって夢は叶うのさ!」
(やっぱこういう所がコイツのいいところなんだなあ)「あと、夢が実現するまで続ける、ってのが大事だね」
同僚「まさしく!」

で、こんな話題も。

同僚「あのさー、塾長、娘ちゃんいるよね。あの子、なかなか可愛いぜ」
「そうかねえ?何も出ないぞ・笑」
同僚「俺もいろんな女を見てきたから言えるんだけどね、『万人受けする顔』なんだよね、娘ちゃん」
「そんなんかね・笑?」
同僚「いや、間違いない、将来はレベルが高くなるだろうから、下らない男に注意しろよ。それと、働かせるとしたら、CAとか、いいんじゃない?」
「お前の趣味じゃんか・笑」
同僚「いや、違うんよ。一定レベルより上に行けば、そこらへんのサラリーマンと違った層の人たちとの付き合いが一気に増えるのさ。その方がいいでしょ?」
「まあ、それはそうだな。あ、なんかいい不動産買いたいんだけど、情報ある?」

同僚「羽田あたりの1Kのマンションなんか、いいと思うよ」
「1Kは買う気しないよ。リスク高いし」
同僚「と思うでしょ?まあ俺は不動産やらないからカミサンから聞いただけなんでホントかどうか知らんけど、羽田空港関係者は、空港から20km(30だったかな?)以内に住まないといけない決まりなんだ。何かあった時にすぐに行けるようにね。で、確実な需要が有るらしいよ。平和島、蒲田、梅屋敷、大森・・・、あんな所に住む気する?お前。
(すんません、東京でも葛飾の下町暮らしだったんですけど)
同僚「でもその辺が穴場らしいから、調べといた方が良いかもね。羽田が国際化されたら、どうなると思う?」

と、こんな会話を続けました。

やっぱり、不況の時に威勢のいい人と会話するのって、凄く良いんだよねー。会社がらみの愚痴らしい愚痴、ゴシップめいた話、下ネタ、ほとんど皆無。話してて、元気になるんです。

ちなみにこの彼氏、液晶関連の仕事をしています。

彼の話によると、特に中国の液晶需要が「とてつもなく凄い」と言う事で、「有り得ない、信じられないくらいの数量が出始めている」との事です。「完全に、バブってる」らしいです。

以上、外資系営業マンとの会話集でした。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】


ディズニーリゾートのパスポートを2枚、全員プレゼント

JCB一般カードの発行と、ちょっとした利用だけで、全員もれなく!ディズニーリゾートパスポートをペアでプレゼント

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。久ぶりにブログ楽しく読ませていただきました。

塾長さんの同僚のように、お金をぱーあっと使ってくれる人、(なかなかマネはできませんが)そう方も世の中必要ですね♪だって、経済が潤いますから^^

ところで、私も塾長さんと似た考えで、子供にはなるべく贅沢は避けています。子供には、高価なもの、欲しいものはすぐに与えないようにしています。「大人になったら稼いで自分で買ってね。」といつも言ってます^^

2009/12/24(木) 10:58 | URL | じもゆ #-[ 編集]
いやぁ~。すごく興味のある会話でしたよぉ~。娘の将来をもう考えてる塾長さんエライ!うちなんて今のことしか考えていませんよ。見習います。帰ってポチしまーす。
2009/12/24(木) 13:55 | URL | さらパパ #-[ 編集]
なんどかお邪魔させていただいてます。旦那を日本に残して、子連れでアメリカに出稼ぎにでてたら離婚になったすずめといいます。アメリカに関しては当たってると思います。
2009/12/24(木) 18:47 | URL | すずめ #c7bwZCTw[ 編集]
この記事をどっかの情報商材に出したらウン万円でいけるんじゃないです?
それくらいの記事ではないかと思いますけど・・・

どっかの記事にて娘さんになぜ厳しくしてるかの問いに、

『女性は結婚したときに旦那の給料でその後の贅沢出来るか決まる。どうなっても対応できるように厳しくしてるんだ』

みたいな事を書いてる人いましたね。
私の考えとして子供に与えるのは最低限で良いと思います、足りない物は自分で考えて動けばどんな結果でもそれが経験になると思っています。
2009/12/24(木) 21:33 | URL | にっしー #oRooDVwU[ 編集]
自分は友人と言える友人があまり居ない様な気がします。
まだまだだな「おれ」・・・
2009/12/25(金) 00:34 | URL | はるスケ #-[ 編集]
今の子供達って、与えられすぎてる事に慣れてるから、いざお金の困ったら、どうなるんでしょうね~。
うちは平均並みだと思うけど、子供達に贅沢はさせたくないですよ。

うん、その同僚の方が言うように、男のレベルは高くして欲しいです、うちの娘も。
あ・・・息子には、顎で使うような女だけは避けて欲しい。
2009/12/25(金) 03:42 | URL | ree #-[ 編集]
塾長、この人、ホント、誰ですか?

いきおいがあるのは良いんですが、口調がすごく強いですね。

外資系企業の営業である私と元J●LのCAの妻は、塾長の考え方や生き方に100%賛同してます。

ウチも近所からは仲良くつつましやかに生活していると思ってもらえているので、大人しく生きています。
2009/12/26(土) 00:50 | URL | ごう #-[ 編集]
じもゆさん

お久しぶりです!
来年になったら、また飲みましょう!

さらパパ

どうもです。僕は今現在の事は、ほとんど考えることが無くて、大概は半年一年先の事ばかりです。ちょっと、変わっている性格なのかもしれません。

すずめさん

とてもご苦労されておられると思いますが、「子連れでアメリカに出稼ぎ」というのは、正直凄いと思いました。上手く表現できませんが、ある種のインスピレーションがありましたよ。

にっしーさん

スッチーと結婚する方法、という情報商材は、確実に書けますね・笑。みんな、いろんなノウハウを持っているものです。

はるスケさん

きぐけんさんがいるじゃないですかー!

reeさん

reeさんちの長男君、絶対に大丈夫です。ロバートキヨサキにそっくりですから!(しつこい)

ごうさん

あ、ちょっと誇張した表現だから強い口調と思われるかもしれませんが、実際はもっと淡々としています。ごうさんもなにげに凄いですよね、CAゲットして・笑。しかも、しっかりサラリーがあるのに、つつましやかに生きているところ、僕と似てます・笑。
2009/12/26(土) 19:18 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/821-6d5d68e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。