3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

ボケーッとしている長男を、なにか発奮させられる本は無いかなあと思って、買ってみた。
 
大好きに生きろ!
大好きに生きろ!
東京書籍 2008-08-27
売り上げランキング : 122854

おすすめ平均 star
star内容は陳腐ながら学びはあった
starほんとうの悩みは自分に相談する
star言葉の爆弾

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

けっこう厳しい事も言ってはいるが、読んでいて気持ち良かった。すべき事を手を抜かずにひたすら頑張れ!みたいな本、久しぶりに読んだかな。

目次はこんな感じ。

第1章:おまえの生き方を磨け
第2章:自分に厳しいヤツが勝つ
第3章:カネの使い方を学べ
第4章:仕事で負けるな!
第5章:人がお前を成長させる
第6章:一流への階段を登れ
第7章:大好きに生きろ!

高校生から20代の人たち向け、の本かな。

ただし、中年や老人が読んでも、相当元気が出るような気がした

特に、「学歴でも名刺でもない、お前の人生の合格を目指せ」、「プライドなんか捨てて、捨て身で生きてみろ」、とか、「才能は努力に勝てない、結局、最後はやる気だ」などなど、そろそろ守りに入ろうとしている人間が読むべき部分もたくさんあって、結構元気を貰った

ただし、「カネの使い方にポリシーの無いヤツ。お前は成功しない」の部分にある文章、「株も嫌いだね。だって、誰かが得すると、誰かが損する訳だろ。人を泣かして手にするカネなんて、俺はいらない」という部分は同意しかねるな・笑。

この場合の株とは、デイトレードやスイングトレード、つまり「投機」であって、株本来の価値は「投資」にある。そのあたりを著者はさっぱり理解していない堅物なのかもしれないなあと、ふと思った。

ま、あれだけ稼いでいたら、株をやるインセンティブも働かないから、結果的に株の本質を知らなくても無理はないかも。本来なら、こういうお金持ちにもっと資金を投じてもらって、株式市場を活性化させる事を通じて、日本経済が元気になるという方法もあるのだけど、残念だなあ。

ま、そんな事はともかく、「ほんとうにほんとうにほんとうに絶望した時にこそ、見えるものがある。そのど真ん中にあるもの、それがおまえの本物の人生だ。絶望から、新しい人生を歩き出せ。」と言う一文に、この本のすべてが集約されているように思った。

辛さの分だけ、幸せになれる。だから負けるな。頑張れ!」と言う訳だ。

青春かも。

が、一生ついて回るセリフだね。人生に老い無し、と言う事か。

この本を読み進めている長男に聞いてみた。「どう?本を読んでる感じ?」

長男いわく、「まあまあかな?

・・・・ったく、相変わらずハッキリしない奴だなー

やっぱ、人間、壁にぶち当たる経験をしないと、良い事書いてあっても理解できないのかも知れないね。だから、本人の好むと好まざるとに関わらず、いろんな出来事を体験すると良い

そう考えると、いくらボケーッとした長男であっても、彼の人生には未来がたくさん転がっていると思える。

若いって、いいなあ。

よっしゃ!俺もまだ人生の半分が過ぎたばかり。第2、第3の青春に向けて、突っ走ろう!

長男に気合入れるつもりが、自分が気合入っちゃいました・笑。

追記:鬱っぽい人は読まないよーに! こんなもんを読むと、鬱の人は逆に落ち込みます。

追記2:読み終えてから長男が言いました。「お父さん、この本、超良かったよ!」って。けっこう感動したようです。

↓↓↓もしよろしければ、ポチしていただければ幸いです。
 
b_02.gifFC2ブログランキングです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログ村のランキングです

【塾長おススメ】


お年玉は定期預金に!

お年玉は、子供の将来のために、きっちり貯金しておきましょう。子供のころから、浪費癖をつけてはなりません。

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
私もそうだったけど、長男くんの年齢だとまだ難しい事かもしれないですね~。

通信簿、4回ありますよ。
親の記入欄はないけれど、学校で各先生にメルアドがあるんで、意見のある人はそこから連絡できるようになってすんdねす。
2010/01/11(月) 22:44 | URL | ree #-[ 編集]
reeさん

メルアドはいいですよね。というか、日本はいまだに全部電話&手書きの連絡帳です。めんどくさくって、いやになります。今度集まりがあったら提案してみよっと。
2010/01/12(火) 12:47 | URL | コメレスです #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/836-cf8ca35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。