3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

ちょっと前に、妻と別居婚した記事を書きましたが、その別居婚に踏み切る大きなきっかけの一つが、実は中学になった息子がちょっと荒れて、不良になるの瀬戸際に立たされた事です。

嫌がる息子を誰も知り合いのいない中学に入れて、父親は毎日朝から晩まで仕事、母親は体調がすぐれず何もできない毎日。構ってあげられない毎日。

そんな時に、部活で知り合った風体の悪い仲間とつるんで、とある事をしでかして、警察のお世話になりました

こんな状況絶対に良くない」と、強い直感が働いて、行動に移しました。

つるんでいた悪い仲間を一目見た瞬間、父親として、やらねばならない事を今すぐにしないと、自分自身も一生後悔すると感じました。

悪くなる奴は、着衣を見ればすぐにその心の様子が分かるものです。それと、顔つき。

息子と一体一で、怒鳴りつけは一切無しに、真剣の中にも真剣に、息子に語りかけました。当然、息子の感じている多大なストレスと、居場所のない寂しさに、しっかりと耳を傾けました。

本当に息子の事を分かってあげられるのは、息子自身です。そして次に、生みの親である私。

話しあっているさなか、息子はポロポロと涙を流して、反省してくれたようでした。

ただ1点だけ、交友関係に口を挟まれたくないと強く抗弁したため、その部分では語気を荒げて、良い友達と悪い友達を見極めるよう、強く諭しました。

継母の僕の妻も、息子への接し方を改善しました。

この時点で学校側と3者面談した時は、担任の先生の息子への評価は最低レベルでしたが、それから約半年、非常に評価の良い方向に変わりました。

やはり親は、適切なタイミングで適切な愛情を子供に注がないと、ダメです

昨日、息子は、お母さんと寝たいと言って、中学生のくせに、継母と同じ布団でネンネしたようです。(別居婚と言っても目と鼻の先に住んでいるので、毎日行き来しています)

息子は最近、プログラミングの勉強をしたいと言い出しました。もちろん、こういう願いは、ほぼ100%聞き入れます。だって、本人の学習意欲は、尊重してあげないといけませんからね。

中学の息子を不良から救う手立て、実はもう一つあります。それについては、次回、お伝えしようかと思います。

不良の中学生を抱える親御さんの、参考になればと思います。ホント、子育ては子供は成長の過程で、色んな事が起こります。

それを乗り切る事が出来るかが、家族としての真価が問われるという事ですね!
●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
以前もコメント書かせてもらいました。

息子さん、塾長さんの気持ちわかってくれて本当に良かったですね。

友達に関しては、息子さんの気持ちわかります・・・ 
どんなに不良な子でもいいところ、共感できるところって必ずあると思います。

以前学童保育の先生が言っていたことなんですが、子供が話しかけてきた時はどんな時でも話を聞いてあげる事が大切でこれをやってきた親子は、途中子供が道をそれても、どん底までは落ちないそうです。 逆に話を聞かなかった場合はほとんどが刑務所に入る位落ちるそうです。不良グループと向き合ってきた先生の言葉でした。 これを聞いてから私は子供が話しかけてきた時は、どんなに忙しくても話を聞くようにしました。

大人も子供も一緒ですね。

誰かに見守られて、生きていたいのだと思います。愛が欲しいのですね。

それにしても継母のところへ行って布団に入って寝るという事がうらやましい♪

私も早く再婚してそんな家庭を持ちたい思います^^
2011/12/22(木) 12:57 | URL | 札幌のあきこです #-[ 編集]
あきこさん

コメント、嬉しいです。ま、再婚はよくよく相手を選ばないと、結構大変ですが・笑、ま、良い事も悪い事もたくさん起こります。

子供への愛情は、本当に大事ですね。子供が本当にしてほしい事を想像しながら子育てするのが、とりわけ大事なのではないかと思います。
2011/12/25(日) 16:42 | URL | 塾長 #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/964-5daed50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。