3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

僕はふだん、仕事柄、ビジネス書以外は読まない。

けれども昨今、中高生になった息子たちの子育てに、若干悩むことがあったので、僕の友人で、これほど子育てが上手な人は、なかなかお目にかかれない、という人がおられたので、「究極の1冊を教えてほしい」とお願いしたら、即答されたのがこれ。

【送料無料】親業

【送料無料】親業
価格:1,995円(税込、送料別)



親業・子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方・アマゾンで購入する方はコチラ

レビューを書いてもいいんだけど、良い本は目次を見るだけで、内容が想像つくし、その方が分かりやすいので、ご紹介しましょう。

レビューを知りたい方は、上記の楽天やアマゾンの書評も、参考にしてみてください

第1章:親業にも訓練がいる~2000年前と同じでよいか?~
第2章:親も人の子、神様ではない~権威主義に代わる方法~

第3章:「親になんて話せない」か~心の扉を開く言葉~
第4章:能動的な聞き方の実際~具体例と応用~

第5章:子供が受け入れる話し方~相手に考えさせる~
第6章:「わたしメッセージ」を使う~率直な感情表現の仕方~

第7章:避けられない親子の対立~どちらが勝つべきか~
第8章:親の権威について~必要かつ正当か~

第9章:対立を解く「勝負なし」法~第三の方法~
第10章:「勝負なし」法への親の懸念~親の立場は弱まらない~

第11章:「勝負なし」法の使い方~新しい親子関係~
第12章:親業を失格しないために~できること、できないこと~

第13章:親自身の姿勢を見直す~まず自分を変える~
第14章:周囲の大人たち~「親業代理人」の問題~

この本は、子供を教育する、という一方的な視点で書かれていません。子供は、親と異なる人格を持つという前提の下、子供が育つうえで、親がいかにかかわるか、について説いています

実際にこのやり方を実践すると、子供の親に対する態度が、明らかに変わります。よりオープンな方向に。

親と子がオープンに対話できるように変わるため、今まで有って当然と思われていた「反抗期」なるものが、どんどんなくなっていきます

さらに、この方法を夫婦関係や友人関係に取り入れることで、(あるいは職場にも取り入れてもよい)、人間関係自体が、劇的に改善するのではないかと考えられます。

子育てに苦労している親子関係をお持ちの方は、是非一読されることをお勧めします。

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/974-61b2e16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。