3人の子連れシングルファザー主夫がその日常生活を公開!  子育ての記録、お出かけの記録、大切なお話、メッセージなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽天市場特集

僕、このブログ以外にプライベートブログをはじめてるんですよね。で、他にビジネスブログを2個やっているので、当ブログに手をかけられない状態が続いています。

なので超簡単にしか書きませんが、中学校入学のタイミングで所沢市に無理やり引っ越してきてから、中学校になじめない次男が、グレそうになりました。富岡中学校っていうんですけど・笑。

流石にこれは一大事で、通常は仕事最優先の僕も仕事を減速させて、次男に適度に向かい合ってきました

で、この本を薦めてくれた、子育てが天才級に上手いご家族とか、当ブログで知り合ったポジティブで子育ての考え方が似ている女性の方とか、とにかく自分よりもはるかに育児が上手な人を師と仰いで、ご自宅まで次男を連れてお邪魔して、教えを乞うてきました。

その結果がようやく表れてきて、ちょうど今行われている学期末テストで猛烈に勉強しだして、初めて、5教科の合計点が400点に届く状態に変化してくれました。

(グレそうなときは200点代前半だった)

彼にピッタリと合う塾の先生と出会えたのも大きかったです。「彼の個性は非常に分かりにくいので、学校のような場所では、先生方は彼の中身を見ぬくのは難しいと思いますよ

とアドバイスされたんですけど、確かにそれもその通りだなあと思いました。

都会の先生って、それなりに(というかかなり)仕事量も多くて、理不尽な要求を突き付ける親の相手をしたりして大変なのはわかるんですけど、サラリーマン的なというか、公務員的なというのか、人間的な魅力を持った先生が、非常に少ないんですよね。

次男の場合、そのような状況の下では思いっきり素を出してしまって、「あ~~、つまんね~~!!」って態度を全開にしてしまうので、余計に教師から疎んじられてマイナスの方向に向かってゆく、という繰り返しでした。

なので、プロ並みに子育ての上手なお二方からアドバイスいただいて、僕も次男も、本当に救われましたね

何が適切な子育てかと言うのは、子供のパーソナリティや親の問題、周囲の環境が複雑に絡まりあって、最適解なんてのはありません。

その中から一筋の光を見つけ出して、そして子供を大きな愛で受け止めながらそこに導いてやる。

正直、しんどいけど、上手く行った時の充実感は、起業した会社が軌道に乗った時の喜びと、非常に近いものがあると思いました。

人間、最後まであきらめてはいけませんね!

ま、これからまたグレる可能性はありますけど、常に息子に向かい合ってゆきたいと思います。来年は高校受験。ここでまた、何かしらの試練があるだろうなあ。

乗り越えるのみ!!

●楽天市場特集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://getjuku.blog70.fc2.com/tb.php/992-ed3617a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。